井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

季節の食材を知って、毎日の食生活を豊かに。
食べて元気になれる、栄養豊富な旬の食材を日替わりでご紹介します。

2018年 10月の記事

10/31

南瓜(かぼちゃ)・南瓜の種・パンプキンシード・ハロウィン・ハローウィン

DSC06522

歩く先々に鮮やかなオレンジ色が眼に飛び込んできますね、元々は秋の収穫を祝う行事でしたがアメリカでは民間行事となっており、いろいろな趣向があって楽しそうです。
写真の可愛らしいカボチャはカービングの先生作。スルスルと野菜や果物をアッと言う間に楽しく美しく仕上げます。
かぼちゃは体を温める野菜、豊富に含まれるカロチンは粘膜や皮膚、視力回復に役立ち、ビタミンCは免疫力を高めるので風邪などを予防します。カボチャの栄養素は油で炒めると体への吸収が良くなります。柔らかく煮たり蒸したものは子供の離乳食や年配の方の滋養食にピッタリですね。かぼちゃの種干しは漢方やドイツでは薬用として有名です、手作りするなら種を洗って2、3日干すかレンジにかけて乾燥させます。その後、フライパンで乾煎りしたり油で揚げ焼きなどにして塩少々をふる、泌尿トラブルに効果的だそう。

10/30

赤味噌・あかみそ・糖尿病

DSC08591 (1)

味噌の中でも特に赤味噌に多い「メラノイジン」は、糖分の吸収を抑えるので、食事後の急激な血糖値が上がりにくい。お味噌汁はもとより、酢味噌などにすると更に効果が上がりますね、糖尿病の方にもお勧めです。味噌の気になる塩分ですが、含まれる大豆ペプチドには血圧を下げて緩和する効果の方が大きいそう。じゃが芋、里芋、ほうれん草、春菊、大豆、納豆、ひじき、エリンギ、アボカトなどはカリウムを多く含み、体内の塩分を排出します。気になる方は、具材にされるとよいですね。赤味噌は約2年以上と熟成期間が長く、独特の香りと深い旨みが体にじんわり染み入ります。今の季節はゼラチン質が多いツルツルのナメコと合わせるのが私は最高だと思います。
愛知県の碧南は赤味噌作りで有名です、蔵巡りを楽しみました。写真は昔ながらの美味しい赤味噌を作る(南蔵)さん、いい乳酸菌の香りで充満しています。

10/27

玄米(げんまい)・ギャバ・食物繊維

DSC_6377

玄米はしっかり洗うことから始めます。なんとなく美味しく炊けないという方は、まず研ぎ方が足りない。両手でしっかりこすり合わせて洗うのが基本です、独特の匂いが和らぎ、もっちりと炊けます。そして次に大事なのが浸水時間で、8時間〜12時間くらい水にひたすのが理想。味や食感だけでなく精神を安定させるアミノさんの一種のギャバが増え、生命活動が活性化します。あとは表示通りの水加減に粗塩少々を加えて炊く、私は昆布も一切れ加えます。さらにモチモチ感が欲しければ、もちきびなどの雑穀類を加えればよく、酵素を少し加えても柔らかくなります。玄米の美味しさを生かすのは、素朴なおかずで十分です、梅干しや沢庵、納豆、お味噌汁、野菜の煮たものなどでも。大事なのは添加物の入っていない食品を選んだり、作ったりすること。素材そのもの、本来の味を感じられます。食べ慣れると、自然に舌や体がよいものを選び、それを喜ぶ脳や体になってきます。
写真は時間が無い時の私のお弁当です(笑)!

10/26

羊・ラム・マトン・冷え性・ダイエット

寒い地方では羊肉をよく食べますね(特に北海道など)体を温める作用があるからです、疲れやすい人にもお勧め。アミノ酸の一種で身体の脂肪を燃焼させるLカルニチンはダイエットに最適ですし、含まれるビタミン、ミネラルは肌を潤し老化防止に役立ちます。亜鉛や鉄分も豊富、貧血や免疫力を高める効果が期待できますよ、ビタミンCやカロチンたっぷりの野菜と一緒にいただくと体への吸収率を高めます。フライパンにニラ、もやし、せり、ピーマン、きゃべつなど食べやすく刻んだ野菜を置き、タレに漬け込んだ薄切り肉を置いてふたをして中火で蒸し焼きにします。野菜でお肉が蒸されて柔らかくとてもヘルシーにいただけます。子羊肉のラムは、高タンパクで低カロリー、臭みも少なく柔らかいのでお子さんやご年配の方にもお勧めです。

10/13

銀杏(ぎんなん)

近所にある小石川植物園の丘の上にそれは大きな銀杏の木があり、この季節になると、母に言われて銀杏拾いに嫌々行かされていた想い出があります。
銀杏は脳の血流を高める効能があるので、ドイツでは頭痛薬やアルツハイマー防止などの医薬品になっています。中医学としては老化防止の緩和の生薬とされ、疲労回復、高血圧などに有効です(1日に10粒程度まで)。
大人になった今では、ツヤツヤとした大ぶりの銀杏の食感、微かな苦みなが美味しく感じます。銀杏をペンチや布で包んで綿棒などで程よく割り、香ばしく乾煎りしたものに、粗塩にほんの少し昆布茶を忍ばせた塩をふる、銀杏ごはんもいいですね。
真っ黄色に続く長い雄株の銀杏並木は美しく風情があって素敵、フォトジェニックです。

10/10

ニュージーランド・アヴォカド(アボカド)・美肌・ツヤ髪

写真

何よりビタミンEが豊富なアボガト。高い抗酸化作用があり、老化をふせぐ働きがある若返りのビタミン、女性には特に嬉しいスーパーフードです。アボガトは脂質も栄養価もとても高い果物の分類、リノール酸やオレイン酸は動脈硬化を予防し悪玉コレストロールを減少させます。繊維も多く、1個で様々な栄養価が摂取できますよ(ただし食べ過ぎには注意しましょう)。中医学では胃腸の働きを良くし、年齢と共に体力の衰えを感じる方にもよいとされています。半分にわって種をとり、トースターで焼いて醤油とわさびを添えてスプーンですくって温かいアボガトをいただく。その他、色味も綺麗でねっとりした舌触りのアボガトにはライムをたっぷり絞り、粗塩で食すのが1番だとアボガト農家さんに伺ったことがあります。中でもニュージーランド産のアボガトは、あっさりしているようで上質なクリーミーさを合わせ持ちます、アボカド好きも納得するハイクオリティー!

10/7

美肌酒(びはだしゅ)・薬膳酒(やくぜんしゅ)・薬膳料理

梅酒のように薬膳酒も簡単に作れますよ。適宜のお酒は血行がよくなってリラックスしますし、生薬の効能が貧血や疲れを暖和し滋養強壮に役立ちます。体の余分なものを排出する効果も期待でき(もう少し元気を出したい時は高麗人参を加えても)。消毒した空き瓶など密封出来る容器に(くこの実、なつめ、陳皮(ちんぴ・無農薬みかんの皮を乾燥させたもの)、乾煎りしたはと麦(薏苡仁・よくいにん)、匂いの少ない強目のお酒やホワイトリカーなどを注ぎ、2週間ほど馴染ませる(たまにビンごと揺らす)。いただく時は好みで蜂蜜を加え、温かいお湯割りでいただくと寝酒にピッタリです。胃があたたまり、体の緊張をゆるめてよい眠りに導いてくれます。

10/6

青魚・鰯(いわし)・オイルサーディン

寒くなると血管系の病気が気になりますね、予防効果が高い青魚は息切れなどにも良いとされています。丸みをを帯びてピカピカのイワシが手に入ったらおすすめのオイル漬け。頭と内臓を取り除き、洗って腹中をきれいにして水気をふく(ここまではお魚やさんにお任せしても)。塩を全体にふり、30分〜1晩おいたら、ざっと洗って水気をふく。ほうろうの容器などに入れ、いわしが浸かるくらいのオリーブオイルとサラダ油半々くらいを注ぎ、ローリエ1枚、つぶしたにんにく1かけ、鷹の爪1本を加え弱火で20〜30分煮てそのまま冷ます。

10/3

舞茸(まいたけ)・きのこ

舞茸は、きのこの中でも抗がん作用が群をぬいて高いと言われています。含まれる多くのビタミン類が免疫力アップにとても効果的。これから益々美味しくなり出番も増えてきますね、肉厚のものを天婦羅にすると香り高く最高です。舞茸は血圧や血糖値を正常にする効能もあるので、生活習慣病予防にもおすすめです。購入する時は、かさがピンと張り、軸などがかたくしまっているものを選んで下さい。調理する時は金気を嫌うので手でほぐして調理します。汁物に入れると黒っぽくなりますので用途に合わせて。それから舞茸はお肉が柔らかくなる効果も期待できます。

10/2

秋の柑橘マヨネーズ・マヨネーズ・ポテトサラダ

写真

ボールに卵黄1個、粒マスタード小さじ1、酢小さじ1〜2、きび砂糖と胡椒各少々、粗塩小さじ半を泡立て器でよく混ぜる。オリーブオイル(菜種油、ピーナッツオイルなど好みで)60ccを少しずつ垂らしながら混ぜ続けるとマヨネーズが出来ます。粒マスタードは練りカラシやホースラディッシュでもOK、自家製マヨネーズたはただの野菜や茹で玉子、サンドイッチを格段に美味しくしてくれます。今日は酢の代わりに、庭で実る酢橘とまだ青いみかん果汁をミックスして絞って入れてみました。爽やかな酸味の香りと、ナチュラルな甘みでマヨネーズが素晴らしく美味しくなる、皮もほんの少し削って加えます。柑橘の香りには気の巡りを良くする効能や美肌効果がたっぷり。
このマヨーネーズは、蒸したり茹でたジャガイモやさつまい芋に絡めると最高ですよ。充分な美味しさですが、コクをもう少し足したい時はクリームチーズを少々加えても。