井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

季節の食材を知って、毎日の食生活を豊かに。
食べて元気になれる、栄養豊富な旬の食材を日替わりでご紹介します。

2016年 4月の記事

4/27

シトラス・柑橘類(かんきつるい)・紅茶のデザート

春はイチゴやシトラス(柑橘類)の季節。暖かくなって関東では桜の開花宣言もされ、日中は少し汗ばむようになってきました。そんな日にピッタリな私の最近のお気に入りデザートをご紹介します。紅茶が大好きなのですが、その中でもbergamot(ベルガモット)が気分をいつも落ち着かせてくれます。この香る紅茶に甘みを足して冷やし、お好きな柑橘類をひたして1時間以上おいたもの(お好みでtiffin(ティフィン)紅茶のリキュールやライチリキュールを垂らしても)、フルーツのジューシーさが溶け合いとても爽やか、ビタミンCもたっぷりです。それから紅茶のおぜんざい(小豆は少し歯ごたえを残す)もよく冷やしていただく、お勧めですよ。

4/26

発酵食・味噌(みそ)

お味噌汁を毎日いただくようにしています、朝食に温かいものをいただいて胃を温めると1日の調子が良くなりますよ。味噌に含まれるサポニンと出汁は老化防止に役立ち、肌をきれいにします。カルシュウムとイソフラボンも豊富、骨を丈夫にする効果があるので相乗効果の上がる食材と日々料理して、体に吸収させましょう。科学的にも検証されているガン細胞を抑制する効果も頼もしい。気分によって具材に火が通ったら最後に味噌をとき入れて煮えばなの熱々をいただくこともありますが、普段は火を止めて一呼吸おいてから手際よく味噌をといていただきます。そうすると50度以上で死んでしまう乳酸菌が死滅しにくくなりますね

4/3

発酵食・納豆(なっとう)

発酵食品代表格の納豆。たんぱく質や食物繊維が豊富な大豆に納豆菌を吹きかけて発酵させたものが納豆です。納豆菌が大豆に含まれるたんぱく質を分解することで、アミノ酸がうまみの元になり、ふっくら柔らかくなります。骨量を増やすイソフラボン、ビタミンBなど豊富、カルシュウムも吸収しやすくし、血圧も下げます。腸内の環境を整える効果が高い納豆は朝食のイメージがありますが、夜に食すと効果がありますよ。納豆おやつレシピをご紹介(食パンにスライスチーズ、辛子と付属のタレ、古付けやきゅうりのきゅうちゃんなど濃い味の漬物を混ぜた納豆をのせてトーストする)だまされたと思ってお試し下さい。