井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

季節の食材を知って、毎日の食生活を豊かに。
食べて元気になれる、栄養豊富な旬の食材を日替わりでご紹介します。

2015年 7月の記事

7/30

大蒜(にんにく)・フレンチローズ

写真 2

畑のお手伝いをしてにんにくをお土産にいただきました。束ねて切りそろえ、キッチンに吊るそうと思っています(写真は乾燥した後のにんにく)。このにんにくの品種はスペインからフランス、イタリアまでの地中海に面する地域で作られていて、特にフランス南西部の名産品だそう。ライーユ・ドウ・ロートレックとも呼ばれ、画家のロートレックの名にちなんでいます。外側の皮をむいてみました、ワッと言うほど可愛いピンクが表れて、これにはテンション上がります、庭の唐辛子を摘みに行ってまずはアーリオ(にんにく)・オリオ(オリーブオイル)・ペペロンチーノ(唐辛子)に。風味などすべてに品があって、その名も「フレンチローズ」名前もピッタリです!保存状態が良ければ12月まで芽がでない逸脱したこのにんにくです。

7/29

小麦・麦畑(こむぎ・むぎばたけ)

写真

海辺の真ん前の市場や料理店、宿に鮮度のよい魚介を期待するのと同じように、小麦畑の前で焼かれるパンやお菓子にもワクワクする。作り手の顔がすぐ目の前に見える道産小麦100%のその付加価値にテンションが上がります。製粉されてパンやお菓子、麺類の源料になる小麦粉は、タンパク質やグルテンの質や量、粉粒子の大きさにより薄力粉、中力粉、準強力粉、強力粉に分かれる。炭水化物が主成分で、ビタミンB1が多く神経を安定させる作用や脳の働きを活発にするなどの効能が。麦芽や、ごはんで言えば玄米にあたる全粒粉は栄養価がさらに高い。香りよく、ずっと飽きずに食べられるパン。十勝帯広に広がる刈り入れ前の少し日が傾いた夕暮れ時は、金色の麦がそよいでキラキラしていました。

7/27

牛乳(ミルク)・WILD MILK

写真

大きな声で話しかけてみたら、皆んなでのそりと寄ってきた。自由に広々とした牧場でそれぞれがゆったり過ごしている。夏真っ盛りの北海道、青々とした草をたっぷり食す牛達。食べる草によって、牛乳の色と風味が変わるそう。フタの裏に、生クリームがつくほど濃くて甘味がある。香りがプンとして、喉を通りすがるなめらかなミルクは、濃厚だけれど品がよく、なぜかスッキリしている。ゴクゴク飲める少し小さめのビンに入った冷たいこのミルクは、毎日飲みたいくらい上質だった。

7/25

鶏の唐揚げ・半身揚げ

写真

鶏好きで唐揚げが大好きです。普段はレモン塩の皮とエッセンスをモモ肉によくなじませた塩唐揚げか、醤油におろし生姜、潰しにんにく、みりんをほんの少し加えてもみ込んだスタンダードもリクエストが多いのでよく作ります。調味料を馴染ませた後に小麦粉をもみこみ、揚げるすんぜんに片栗粉をたっぷりまぶす。色ついてから2、3回空気に触れさせる事もカラリと揚げるポイント。骨つき鶏の半身に、調味料を2日間くらいしっかり馴染ませて一晩干したものをじっくり揚げてもパリッとジューシーに揚がります。小樽に来たら、いつもテイクアウトするナルトさんの熱々半身揚げは、唐揚げ好きにお勧めですよ。

7/24

雲丹(うに)・天売島(てうりとう)

写真

ウニの種類はムラサキウニ、アカウニ、バフンウニなどがあり、約2500年前から食されているそう。葉酸がたっぷりで鉄分も豊富、乾燥肌も潤す効果があります。アリストテレス(古代ギリシャの哲学者)はウニの口器を見てランタンのようだと言ったので、アリストテレスのランタンと伝われており、このランタンが日本の提灯に変わったとか。とりたてのウニの殻を半分に割ってスプーンですくう。コクのある甘いウニをいただいた後は、宿のお父さん(漁師さん)おすすめの焼きウニにする。合わせるのは、日本酒をツブ貝に入れた出汁の効いた熱燗。青くて広い空と通り道に広がるラピュタのような草花、コバルトブルーの透き通った海など感動の嵐。それと、最高だった天売島・栄丸さんの海鮮炭火焼とムラサキウニとお宿のお母さんのチャーミングな笑顔!

7/20

木苺(きいちご・ラズベリー)・ハスカップ・カラント

写真

フランス語ではフランボワーズと呼ばれる木いちごはバラ科です。可愛らしい見た目と鮮かな色、甘酸っぱさがフランスのお菓子やソースには欠かせませんね。少し酸味のある小粒の木いちごや、カラントなどが通りすがりの山中の道の駅などで売っている北海道。東京では外国産のものを撮影などで使用するコトが多いのですが、国産はあんまり見かけないので嬉しい、くどくなくてフレッシュでいいなぁと思います。上質のカヴァやシャンパーニュに浮かべて直ぐに素敵な旅先ミニ宴会。ビタミンCたっぷり、女子力もアップしますよ〜

7/17

鱈場蟹(タラバガニ)

写真

食べ応えのあるタラバガニ、カニと言いますが実はヤドカリの一種。太い足は8本、大きいものは1メートル以上にもなるとか。北海道沿岸、オホーツク海、日本海、ベーリング海などに分布している。タラバガニはタラ漁の網に入って来るカニ、つまり鱈(タラ)のとれる場に居るカニなので、タラバガニと言うんですって!知らなかった〜です、小樽の運転手さんから伺いました。亜鉛やビタミンB1、タウリンも含まれています、高タンパク低カロリーダイエットにも向いているかもですね。

7/8

水羊羹(みずようかん)

写真

羊羹(ようかん)は羊(ひつじ)の羹(あつもの)と書きます。もともとは中国の羊のスープ(冷めると煮こごり状になる)。肉食ができない僧侶の為に、小豆や葛などに精進料理として中身がかわったものが原型です。砂糖や寒天を加えて固形化したものが、時代をへて人気のお菓子となりました。水ようかんは一般的なようかんより、水の配合が多いのでツルんとしていて喉越しがいい。暑い季節にしっかり冷やしたようかんをいただくのは至福の時、疲れもとれます。進物にもかかせないお菓子ですね、眼にも涼やかな竹に入ったものや、ギリギリの口どけのものまでいろいろ楽しい。どちらにしても夏のイメージですが、福井県では丁稚(でっち)ようかんとも言い真冬に食するそう、きっと暖かい部屋でこたつに入っていただくのですね!

7/7

素麺(そうめん)

今日は七夕ですね、「笹の節句」「星祭り」とも呼ばれています。意外に知られていませんが、七夕の日の食事はそうめん。これは千年も前からの行事食で、暑い夏に冷たいそうめんを食べ、無病息災を願う風習でもあるそうです。天の川や織姫の糸なども彷彿させますね。ルーツは「索餅」(さくべい)という中国の小麦粉で出来た繊細なお菓子。日本には奈良時代に伝えられ、索餅がそうめんに変化しました。氷水でしっかり〆るのが、ツルツルしこしこした歯触りのよいそうめんにつながります。赤味噌で作った酢味噌でいただいてもオツですよ、寒い七夕の夜は、ほっとする温かい煮麺(にゅうめん)でも。

7/5

李(すもも・プラム)

すももは、中国原産の生食用とする日本すももと、生食やジャムなどの加工用が多いヨーロッパ原産の西洋すもももの2つに分類されることが多いようです。よく見かけるドライプルーンも西洋すももを乾燥させたものです。すももは香りよく、皮にキンとした酸味を感じることもありますが、みずみずしいという言葉がぴったりな果肉と甘酸っぱさは他にありません。熟したものを皮ごと氷砂糖と煮ると、ほんのりピンク色の素敵なシロップができますよ。すももの効能はクエン酸などが肝機能を高め、中医学では血の巡りを良くし精神安定にもよいとされています。毎年送られてくる、大石プラムや長野のもぎとりプルーン今年も楽しみです.