井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

季節の食材を知って、毎日の食生活を豊かに。
食べて元気になれる、栄養豊富な旬の食材を日替わりでご紹介します。

2017年 3月の記事

3/22

補腎薬膳・黒木耳(くろきくらげ)

黒木耳を水で戻して、水と少々の酒、醤油、みりんで柔らかく煮ると、コリっとした食感とはまた違って楽しいですよ。納豆に付属の辛子をよく混ぜフルフルの茹でた木耳を和えるだけですが、よくからんで美味。黒木耳は不老長寿の食材と言われ、黒ゴマや濃色のごま油を足すとさらに腎機能が高まり、身体に吸収されやすくなります。足腰が弱くなったり、老化が気になる方は率先して黒い色のものをいただいて下さい、もちろんエイジングケアにも◎。便通を促し、皮膚の再生力も高めます。

3/20

賢い作りおきおかず

DSC03770

お惣菜は熱を入れ保存効果の高い醤油や砂糖、油など使うと日持ちがしますね。定番のきんぴらやひじきの煮物などは美味しいだけではなく、それぞれの栄養価や食物繊維などもたっぷり。作りおくとごはんにもパンにも合うので、とても重宝します。私が1番手軽に作るのは煮卵、魚の煮付けやすき焼き後の美味しい煮汁を足して作ると簡単で奥深い味になります。先日発売されたエイ出版の賢い作りおきおかずの中の「定番の作り置きだからこそトクベツ美味しくひと工夫!」のページを担当しています。ちょっとしたことですが、ポイントを抑えればグッと美味しくなる秘訣とアレンジです。パスタソースで人気のミートソース、あるとホッとするお惣菜のひじきの五目煮、ごぼうとにんじんのきんぴら、半熟煮卵、牛肉のしぐれ煮などの定番中の定番のご紹介。その他いろいろな知恵が詰まっていますよ〜宜しければご覧ください。

3/16

当帰(とうき)・当帰補血湯・冷え・薬膳・生薬

当帰・とうき・生薬・ホップ

当帰(とうき)の名は小耳にはさんだことがあると思いますが、婦人科病に用いられることが多い生薬です。月経不順や瘀血(おけつ・血のかたまり)、血行不良に使用し活血(かっけつ・血を巡らせる)出来ます。便秘の種類としては血虚便秘のタイプに特に効果があるとされています。足腰の冷えが気になる、めまいや耳鳴り、肩こり、寒部や外傷の痛みにも効能があります。市販されている当帰の根は乾燥されたものですね、生の当帰の葉部分は少しセロリや芹の風味がしますよ、農家さんは天麩羅にする事が多いと伺いました。柔らかい若葉がもしも手に入った時は、茹でたり炒めたりと料理に使用出来ます。
生薬としての当帰は、鶏のスープを作る時にポンと入れる、あるいはスペアリブの煮込み料理、カレーなどに加えます。黄耆(おうぎ)を加えると更に効能が高まりますよ、当帰に黄耆をシンプルに配合したものが「当帰補血湯」です。冷えが気になる方は漢方薬局で売られているので、試して見ると良いですね。
それから、頭寒足熱といって、頭は冷やし、足は大事に温めるようにします。

3/11

休日のお粥(おかゆ)

毎日フル回転の胃や肝臓を少し休ませてあげたいので、私は週末にお粥にすることが多いです。薬膳では手法があって例えば(後煎法)と言って、繊細な香りもののしそ、三つ葉、木の芽、パクチーなどや食間をふんわり残したい魚介などは後から加える。戻す必要のある乾物や根菜類、硬い肉類は下茹でしてから加えますがこちらは(薬米同煮法)と言います。今日は少し風邪気味なので針生姜をたっぷり加えた鶏肝粥。まさに以蔵保蔵ですね、身も心もゆっくり栄養を吸収し、体を温めます。

3/10

冷え症・貧血予防・鉄分

体内に鉄分が不足すると、熱量が作れなくなり冷えの症状がでやすくなります。鉄分を摂取する時は、ビタミンCと一緒に食すと体に吸収されやすくなりますよ。お薬も大切ですが、普段から豆類、魚、レバー・赤肉、ほうれん草・ひじき・椎茸・卵などを食すよう心がけ、体が温まる食材とビタミンCが多い野菜と合わせて調理します。例えば「レバニラ」などはさっと作れて簡単ですが、レバーの鉄分、にんにくの温効果、ニラの豊富なβカロチンやビタミンCとシンプルですがバランスがとても良い一皿なのです。「魚のみぞれ和え」は、お魚の鉄分、大根おろしの酵素とビタミンC、酢と一味を加えまぜると代謝もアップさせます。

 

3/9

富士宮焼きそば・削り節

富士宮焼きそばが大好きです。しっかりした食べ応えのある麺で、初めて口にして以来そのコシの強さにやみつきになっています(中でも黒文字のメーカーさんがお気に入り)。肉かすとイワシやサバの削り節を使用するのが特徴です。削りぶし工場に見学に行き、カツオとはまた一味違う風味の削りたてを、お味見させて頂きました。必須アミノさんやカルシュウムもたっぷり、削り節には美肌効果もありますよ。焼きそばやラーメンなどの麺類は、よくB1グランプリに登場しますが、例えば(極太麺の道頓堀焼きそば)や(あんも麺もボリュームたっぷりの小樽のあんかけ焼きそば)もよく考えられていて、それぞれの郷土にはストーリーがあってとても楽しい。(削り節を購入したら、酸化しやすいので出来るだけ空気を抜いて冷凍庫保存しましょう)。

3/1

美容薬膳・薬膳・漢方・薬膳ベースの素・免疫力

FullSizeRender

本日のちふれ化粧品さんのイベント(有楽町マリオン)でご紹介した「薬膳ベースの素」レシピです。ご興味のある方はご参照下さい、インスタクラムでは判りやすくレシピ立てにしています。ノンオイルレシピです=鍋に鶏ももひき肉400g、酒1カップ、皮つきのおろし生姜とにんにく各2かけ分、おろし新玉ねぎ大1個分、皮つきおろし人参1本分、粗塩小さじ1、挽きこしょう適宜、唐辛子1本ぶん(刻まない)を一混ぜしてから中火にかけ、沸騰したら弱火で肉に火が通るまで10〜15分ほどゆっくり煮込む、冷ましてから冷蔵庫や冷凍庫保存。ここまでがベース、好みで血行不良や疲れに効く紅花、大茴香(八角)、大棗(なつめ)、丁子(クローブ)・陳皮(ちんぴ)・クミン、若返りのスパイスと言われるナツメグなどを適宜加え、香りや体への相乗効果を上げるとさらによいですね。このベースにカレー粉を足すだけでドライカレーができます、その他豆乳でソイシチュー、トマトホールでミートソース、じゃが芋に加えれば肉じゃが、もやし炒め、ロールキャベツなどなど幅広く活用出来ます、写真は醤油と砂糖を加えたそぼろ丼、紫乳酸キャベツを添えています。冷えと疲労が重なると血の巡りが悪くなって、肌のくすみやクマがでたり、体調不良などの原因に。食材の相乗効果で体を温めて、免疫力も高めましょう。