井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

季節の食材を知って、毎日の食生活を豊かに。
食べて元気になれる、栄養豊富な旬の食材を日替わりでご紹介します。

2018年 7月の記事

7/27

蛸・たこ・タコ・タウリン

タコはお刺身、酢の物、アヒージョ、タコ飯など和洋中どんな料理にも使いやすい海の幸。タコが採れる地方では15㎝くらいの足を揚げたタコ天がお総菜屋さんに並んでいるのを見かけます。
醤油風味の釜飯もタコの旨味がじんわり広がって美味しいですね、暑い季節には酸味があるトマトと合わせたさっぱりリゾットも食べやすいもの。滋養がつくにんにくを入れたアイオリソースを添えるとさらに食が進みます。辛味のあるパプリカパウダーを加えれば鮮やかなオレンジ色に、イカスミを加えて黒いアイオリソースも美味しくて楽しいもの、BBQなどにもいいですね。
タコには疲労を回復するタウリンが豊富、亜鉛が含まれているので味覚力もUPさせる効果があります。
女性にも強い味方です、血を補うので生理痛、生理不順などを改善する手助けをします。

7/23

カレー・カシミールカレー

本屋さんでカレー特集が目立ちますね、ついつい立ち読みなどして、食べたくなってしまいます。大好きな市販のカレーに、1度たべたら忘れられない辛さのカシミールカレー(デリー)があります。サラサラタイプで具は入っていせん。この茶色い箱がキッチンにないと落ち着かないほどの中毒で、気分をスカッとさせたい時などこれでクイックカレーを作ります。冬瓜やナスを出汁で煮ておいて冷やしておきます、玄米にこの野菜をおいてカシミールカレーをかけるだけですが、かなりスパイシーなので出汁をたっぷり含んだ冷たい野菜を口に入れるとちょうどよくなる仕組み。このカレー、なぜか納豆と海苔、卵黄のせなど和風にも合う。スパイスの独特の香りは気の巡りをよくし、その働きは胃液の分泌をよくし、消化不良を改善します。

7/22

莢隠元(さやいんげん)

いんげん豆の若いさやで、原産は中南米です。ヨーロッパ経由で中国から伝わったそうで、高僧の隠元僧侶によって伝えられたのでこの名がついたとされています。三度豆とも呼ばれ(主に関西)、1年に数回収穫できます。購入したらできるだけ早く調理して、味と栄養価を逃さないようにしまょう。ビタミンB群やBカロチンが豊富、腎機能を活性化して身体の湿気を取り除きます。太目のさやいんげんはたまに筋がありますが、近頃のいんげんは端の硬い部分を落とすだけでOk。沸騰した湯で、いつもより心もち塩を多めに入れて好みの加減に茹でます。
いんげんに似ている(ささげ)を初めてみたのは北海道、南米では幸福を呼ぶ食物としてお正月に食される野菜です。

7/18

桃(もも)・桃仁(とうにん)

写真

桃には白桃と黄桃があります。新鮮な桃は水でうぶ毛を洗い、皮ごと食べるのだと山梨の友達から初めて聞いた時はびっくりしました。桃は完熟した柔らかい果物としかそれまで認識していなかったからです。写真のももは硬いタイプで、切ると白い果肉に紅色がなんとも美しい。しゃりしゃりと食しますが、フルーツビネガーでやさしく漬けたピクルスにしても美味しそうです。桃の葉は日本でも民間療法であせもや湿疹、神経痛などに効く入浴剤になっていますね。中国では邪気を払い長寿の果物とされ、つぼみや花は漢方の生薬(白桃花)、むくみや無月経などに使用されます。種は(桃仁)と呼ばれ血行を良くし、下腹部痛、更年期障害などに有効で(桂枝茯苓丸)の主成分でもあります。

7/15

北海道仁木町・アイコのトマトジュース

糖度が9度以上あるんです。トマトの名前「アイコ」は、少し細長いプラム型をしたミニトマトで、北海道の畑に行くとよく見かけます。その中でも仁木町は一大生産地として知られており、小さいけれどそのパワーは高く、普通のトマトの約2倍ものリコピンを含み、ビタミン、ミネラルもとても豊富。肝機能を高め、赤い成分のリコピンは高い抗酸化作用があり、老化防止、抗がん作用があります。農園のトマトジュースを頂いてそのお味にビックリ!夏バテにもよさそう。トマトは他の野菜に比べて旨味も強い、とろみもあるこのジュースを半分凍らせて、おろし生姜やすりごま、自家製のめんつゆを混ぜ、おそうめんタレを作ったら美味しそう。「氷とまとそうめん」って、熱い時にはそそられます。

7/13

玉蜀黍(とうもろこし・とうきび)・とうもろこしの冷たい昆布スープ

とうもろこしは米、麦に並ぶ世界3大穀物。糖分が高いので、エネルギーの補給源にもなります。購入したら栄養価が急速に下がるので直ぐに調理しましょう。毎年、生のトウモロコシを炊き込みごはんにしたりかき揚げにするのが楽しみ、甘みを生かしたすっきりとした和風スープもいいものです。作り方は昆布を水につけておき、ここにとうもろこしの芯と玉ねぎを入れて弱火にかけてフタをし、20分ほどゆっくり煮る。とうもろこしの粒を入れ、好みの加減に煮たらハンドミキサーで撹拌し、白みそを溶き入れる。冷たく冷やすと夏に楽しむ冷製コーンスープになりますが、温かくても美味しいものです。とうもろこしは利尿作用が高く、繊維が多いので便秘やむくみを改善します。
明日はとうもろこしの炊き込みごはんのご紹介です。

7/12

味噌(みそ)・長期熟成

みそは原料や色によって分類されます。米みそ、豆みそ、麦みそなどがありますが、大豆に加える麹の割合と塩量で甘さや辛さが異なってきます。私が日常使いしているみそは長期熟成もの。含まれるメラノイジンは熟成により出来る色素成分、悪玉菌を減らして老化の素となる活性酵素を減少させる効果があります。塩分もあるのですが、寝かせることによって角がとれ、丸く奥深い旨味に変わります。保存食は、素がしっかりしていれば寝かせる時間によって美味しさにつながるものが多い。シンプルがゆえに大豆は食べて美味しいもの、良い米麹、天然の塩が大事です。みそは手作りも簡単ですよ、私のいい加減な手前みそも毎年違う出来上がりになってしまうのですが、それはそれで面白い。みそに皮ごとおろした生姜とごま油少々を加えまぜる、きゅうりスティックなどとおやつにすると、身体の余分な熱を健康的にとり除くことが出来ます。夏を越した味噌はグンと美味しくなります。

7/8

蘇葉(そよう)・紫蘇(しそ)・大葉(おおば)・保存食

DSC05550

蘇葉・紫蘇葉(そよう・むらさきそよう)は、紫蘇の生薬名。食用だけではなく、古来より使用されてきた薬草。解毒作用や抗菌作用が高い。お刺身のツマには青紫蘇、穂紫蘇が添え物としてよくあり、βカロチン、リノレン酸、ビタミンCが豊富なので美肌効果やアンチエイジングにもよいもの。アレルギーの緩和、吐き気やつわりにも効能がある紫蘇、その香りは気を巡らせ、食欲増進をうながす効果がある。今日は庭やベランダにほったらかしの青紫蘇がわさわなっているのでクイック保存食を作ります。紫蘇は葉を摘んで水に5分さらして重ね、手前から丸めてごく細切りにする。キッチンペーパーに包んでぎゅっと水気をとり、ほぐしながら密封容器に入れごま油、おろしにんにく、粗塩を適宜加えてなじませ、好みですりごまを加えれば、紫蘇のナムルの完成。パスタやそうめん、肉や魚と和えるだけで爽快な一皿に。

7/4

岩牡蠣・いわがき・夏牡蠣

LRG_DSC00631

岩牡蠣は亜鉛を多く含むので、味覚をクリアにする効能が期待できます。タウリン、カルシュウム、ビタミンA,B類が豊富、夏バテ予防にも良いものです。
サイズは色々あるけれど私は一口で食べられるサイズが好み、口の中で一体化できるので濃厚なクリーミーさとみずみずしさをバランスがよく堪能できるから。後から貝柱の美味しさと磯の香りがジワっと広がります。
写真は島根県隠岐郡島西ノ島町の(なかがみ養殖場)のプリプリの剥きたて岩牡蠣、隠岐の岩牡蠣「隠岐ひかり」です。日本で初めて岩牡蠣の種苗生産に成功し、広めた中上さんの岩牡蠣はそれは絶品です。

7/2

朝活・朝ごはん・卵(たまご)

DSC03989

朝起きたら常温のお水をコップ半〜1杯ほどゆっくりのみましょう。そして朝ごはんには暖かいお味噌汁やスープなどを添える。胃を温めると、身体が喜ぶように気持ち良く目覚めていくので、1日のスタートを快適に過ごすことが出来ます。そこに、ほぼ完全栄養食の卵を合わせれば朝ごはんに最適。調理もクイックに出来るし、繊維とビタミンCを補えばバランスの良い朝食になります。半熟茹で卵は、卵料理の中でも消化がよいですよ、作り置きしておくと何かと重宝します。卵の広い方に画びょうでチョンと刺して穴をあけます。沸騰したお湯に塩と酢を少し加えて4〜6分ほど茹でて好みの硬さにし、冷水にとるとツルリとむけます。