井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

季節の食材を知って、毎日の食生活を豊かに。
食べて元気になれる、栄養豊富な旬の食材を日替わりでご紹介します。

2015年 4月の記事

4/30

カツカレー

写真

突如として無性に食べたくなるカツカレー。昔懐かしい喫茶店の前を通りかかった時などは、頭にピン! と浮かんでくる。カツカレーをオーダーする時は、いつも恐る恐る。「あの~、カツ半分にはカレーをかけないようにお願いします~。」と祈る気持ちで店員さんにお伝えします。たくさんの言葉で伝えると、カツだけ別盛りで出てくる事があり、これでは私が理想とする “ カツカレー ”ではありません 。理想はこうです。ごはんの上にカツがのり、カツの下半分だけにカレーをかけて欲しい。先日食べたカツカレーは、右半分にどっぷりカレーをかけられて、左半分の3切れのカツしかサクサクを味わえなかった・・・。だからどうかサクサクの部分を一切れずつに残るようにかけてくださいと祈るように頼むのです。こんなの私だけですか?

4/29

昭和の日 ラム肉

少し前までは天皇誕生日でした。実は、ヨウニク(429)の語呂合わせから、羊肉の日でもあるんですよ。生後1年未満の羊の肉(ラム)はとても香りがよく、柔らかで調理もしやすい。スーパーマーケットなどでも骨つきラム肉が手軽に入手できるようになり、見栄えもするのでパーティーなどにも◎。ラム肉は、数あるお肉の種類の中でも、脂肪燃焼効果が期待できるエルカルニチンが豊富で、ダイエットにもいいでしょう。水気をよくふいたラム肉を、粗塩と挽きたてのこしょうで焼いただけでも美味ですが、ミントソース(※1)や、柚子こしょうソースなど、香りが爽やかなソースをかければワンランクアップ! でも、1番のお気に入りの調理法は、ダークラムベースで作った手作りのバニラエッセンスでフランベです!

(※1) 洗ったミント 半カップ分、レモン果汁 大さじ1 or 酢 大さじ1、オリーブ油 大さじ1~2、きびざとう、粗塩、挽きこししょうは各少々、以上をすり鉢でする。(ミキサーでも可)

4/28

山芋・山薬(さんやく)

0428_yamaimo

山薬と書いて、“ さんやく ” と読みます。身体への効能がとても高く、山で採れる自然食であり、文字通りお薬とも言えるパワーフードです。体調が悪い時や季節の変わり目に、積極的に食して内臓を保護しましょう。沖縄には、内地とは少し違った山芋があるのをご存知ですか? 知名度はまだ低いのですが、沖縄人(ウチナンチュー)の長寿をしっかり支えてきました。これは亜熱帯地方で栽培されるもので、大きさも形も違い、とても強い粘りを持ち、そのまま揚げる事も可能です。どちらの山芋も腎機能も高めるので、滋養強壮、疲労回復に最適です! 山芋は、私が疲れた時に1番食す率が高い、頼もしい助っ人野菜なのです。

4/27

ホワイトアスパラガス

ヨーロッパでも4月下旬~6月が旬のホワイトアスパラガス。太く、みずみずしく、驚くような滑らかさは、まさに春を食べているよう。太陽の光が当たらないように土を盛って育てる繊細な野菜なのです。ほんの少しの塩気を帯びた、茹でただけのシンプルなホワイトアスパラガスにフォークを入れる時は緊張します。1番好きな食べ方だけど、一切のごまかしが利かない究極の調理なので、いろ~んなことを見透かされるような気持ちになるからだろうな・・・。いつか、ドイツ・ヴァルベック村のレストランで、見渡す限りの畑から採れたホワイトアスパラガスをとことん堪能したいなぁ~! あっ! アルザスワインもね!

4/26

写真

お花屋さんの春のイメージカラーは黄色だそう。店先にはチューリップ、フリージア、ミモザなどの元気カラーの花々が、道端にはタンポポも揺れています。花々を愛で、陽気に誘われるこの頃、オムライスを作りたくなります。コツは、乳製品を少し入れる事と火加減。しっかり熱したフライパンにバターを素早く溶かし、卵液を流し入れる。ここで慌ててかき混ぜずに30~40秒ほど待ち、卵がプックリとしてきたら外側から大きなスプーンで2、3回かき混ぜてドレープを作る。最大のポイントは、フライパンをよく熱すること。急いでケチャップライスにのせれば、ふわふわの幸福色のオムライスの完成です! 寒卵もよいといいますが、春になると鶏さんもリラックスするので卵が美味しくなるのです。

4/25

しそ

写真

しそは日本のハーブです。抗菌作用も高く、刺身のツマなどによく添えられていますね。食欲増進効果や生臭みを消す作用もあるので、理にかなっています。穂じそを少し甘辛く煮つけたものなど、道の駅や八百屋さんで見かけます。しそは変色するので、水に放して色止めします。数枚重ね、手前からクルクルと巻いて細切りにするときれいですね。しその和風ジェノベーゼソースも爽やかで美味ですが、なんといっても、多めのたらこをごま油とわさび、醤油少々でのばし、しそ10枚分の細切りを一緒にあえたパスタはいつでもペロリと食せてしまいます。 おつまみには、塩気の強いブルーチーズをしそで巻きにするのも面白いですよ。簡単なので、ぜひお試しください。

4/21

エシャロット

0421_don

まず、炊きたてごはんに、釜揚げしらすをてんこ盛りにのせる。その横に、納豆と付属のからし、刻んだエシャロットを散らす。ねぎではなく、このエシャロットがポイントです。いつものねぎをのせたバージョンと、ぜひ食べ比べをしてみてください。もちろん、ねぎにはねぎの良さがありますが、私がエシャロットを散らして食べた時の衝撃は、富士宮やきそばや吉田うどんを初めて食べた時と同じでした。あれば味付けメカブも添え、真ん中には卵黄を落とし、よく混ぜていただいてみてください。

4/20

穀雨

穀雨「こくう」は、雨が降って百穀を潤す(穀物だけでなく、あらゆる植物の成長を助ける)という意味を持つ、二十四節気のひとつです。百穀春雨(ひゃっこくはるさめ)ともいい、変わりやすい春の天気も安定し、農作業の目安にもなります。そして、この頃の雨が止むとされるのが八十八夜です。

4/17

ほたるいか

酢みそを添えても、しょうがじょうゆでいただいてもおいしいほたるいかは富山県の名産。セミドライに干してあぶったり、沖漬けも捨てがたいのですが、濃厚なワタが溶け出たアヒージョもまた格別で、バケットをついお代わりしてしまいます。キトキト(富山弁で  “ 鮮度が良い ” の意。 )のホタルイカは、海中で青く光るそうで、まだ見ぬ光景に毎年思いをはせています。

4/16

春魚のお刺身

写真 2

春魚の白身のお刺身やいか、えび、貝などが特に好きです。(私は江戸っ子のクセして、ピカピカだったり、血合いや脂たっぷりの回遊魚が少々苦手です・・・。) 淡白で香りが優しい春の魚介には、うまみを無くすことなく、グ~ンとよいところを引き上げてくれる煎り酒(いりざけ)がおすすめです。これは、江戸時代からある日本の古い調味料で、作り方もとても簡単! 白身のお刺身好きな方がいらしたら、ご家庭でもぜひお作りください。お酒 1カップ、梅干し(大) 1個、みりん 小さじ1を小鍋にかけ、沸騰したら弱火にして8~9分ほど加熱するだけです。お好みで、うす口しょうゆを少し垂らしてもいいでしょう。消毒した保存瓶や空き瓶で、3ヶ月ほど持ちますよ。それから、白身のお刺身の話に戻りますが、粗塩(天然の塩・自然の塩)と、おろしたてのわさび、すだちをキュッと控えめに絞っていただくのもいいですね。どちらにせよ、白い塩気が、魚のうまみや甘みをこの上なく引き立ててくれるということです。