井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

news

2022.5.26

5月のハーブ・初夏の養生ドリンク・自律神経

主婦と生活者・come home・食養生・養生ドリンク・ハーブ・五月の食薬・井澤由美子・DIY・カムホーム!キッチンリノベ

今朝はJ-WAVE さんで「5月の食養生」と、腸を潤す発酵食の食べ方、美と健康につながるお話をさせて頂きました。心と体を元気にする旬の食材には、その季節を人間が健やかに過ごす為の効能や栄養が含まれています。

「気持ちいい」を見つける暮らし「Come home!」(主婦と生活者)私のカントリー別冊で、旬のハーブやスパイスで、初夏の「養生」ドリンクをご紹介させて頂きました。

5月は、暖かな日差しと霧雨のような穀雨の恵みのおかげでハーブ達もスクスク育つ頃。爽やかな風が吹き、花々も美しい頃ですが、なんとなくよく眠れない、胃腸の不調が気になるなどの症状が出る事も。寒暖の差や新生活の疲労で自律神経が乱れがちになるのです。中医学では気滞といいますが、腰右上部分のツボに酷く痛みを感じる時は気が滞っている証拠です。

そんな時は、気の流れを良くする香りのよいハーブやスパイスを使ってプチリフレッシュしましょう。西洋でのハーブの位置付けは薬とほぼ同じ。香りの効果や抗菌作用、美肌効果、胃腸の調子を整える効能が期待できます。効能を知って、体調に合わせたハーブを選んでみても。ベランダ菜園で充分楽しめます。

ハーブ、スパイス、フルーツなどそれぞれの効能、相乗効果のある組み合わせやレシピを10品ほどご紹介しています。自然の持つ力をかりてリラックス、ぜひお試しください。

おまけ→眠れない夜にお勧めのミントミルクティー。牛乳2カップに、ミントひと摑み、きび砂糖大さじ2を入れて温める。ほのかな清涼感と温かさでホッとくつろげます。ミルクにはトリプトファンが含まれているので、安眠の手伝いをします。マザーハーブと呼ばれるカモミールを加えると風味に奥深さがでます。

「わが家をもっと愛しい場所に」同感です。タイル貼りなど日曜大工でキッチンを好きな空間に整えている私にとって、参考写真もいっぱいのおしゃれなcome homeさんです。

2022.5.13

3分クッキング・きゅうり

きゆうり・夏野菜・ベストおかず・6月・健康・食養生

梅雨に入った地域もあり、ジメジメが続く日も。毎年この時期に頭痛や関節痛が気になる方は、体に余分な水がたまりやい体質かもしれません。

きゅうりは水分が多く、カリウムがとても豊富なので利尿作用があります、普段のおかずに取り入れてみましょう。ですが体を冷やす効能もあるので、しょうが、ねぎ、玉ねぎ、にんにく、らっきょう、唐辛子、ラー油、豆板醤など体を温める作用のある薬味や調味料もしっかり使います。きゅうりは調理法によって、どんな変化も受け入れやすい野菜なので、様々に楽しめますね。今号の3分クッキング6月号付録のベストおかず50ではご飯に合うおかず、お酒のおつまみなどたっぷり掲載しています。

喉の乾きやほてりが気になる、高血圧、むくみを感じる時にもお勧めのきゅうり。緑の皮部分に青臭さがありますが、軽く塩でこすると軽減します。ビタミンAが豊富なのでなるべくそのままいただきましょう。

2022.5.05

J-WAVE ・Tokyo morning・美と健康・まいにち食薬養生帖

J-WAVE ・井澤由美子・ラジオ・おはようモーニング・食養生・まいにち食薬養生帖

J-WAVE  tokyo morningでは、5月5日の子供の日、12日、19日、26日の4日に間にわたって、朝6時半頃より「美と健康」をテーマにお話しさせて頂きます。ナビゲーターはダンディな別所哲也さんです。

発酵食、中医学薬膳、栄養学を織り交ぜて、毎日の暮らしに役立つ養生と美のサポートをする「食薬」のお話が中心。初夏や雨季に起こりやすい不調の改善に役立つ情報もお伝え出来ればと思っています。

新刊の「まいにち食薬養生帖」には、365日の旬食材と、それぞれの食材が持つ効果効能や食べ方、旅先で出会ったエピソードや情報が掲載されています。番組の中で、別所さんはご自分のお誕生日の食材は何かと調べていらした。それは、古代ローマでは皇帝も愛した不老不死の果実とされていた(いちじく)でした!お勧めの食べ方は、蒸しいちじくの冷製です。

聞き逃した方はradikoで1週間聴くことが出来ます。

2022.5.01

koji note・SANWA SHURUI・麹レシピ・いいちこ

いいちこ ・三和種類・麦焼酎・フラスコ・美と健康・おつまみ

二十四節気では立夏になりましたね。夏の気配が充満してきて、爽やかな五月晴れの日々が続きます。一年で最も過ごしやすい季節、美しい薔薇が咲き乱れ、夏に向けて野菜苗もグングン育つ時期です。

風薫る5月、気持ちの良い休日や夕方にゆっくりと縁側呑みなど如何でしょう。今回は美と健康にもよい2つのおつまみをご紹介させて頂きました。

一つは露地物の苺とまったりとした品の良い白味噌と酢、辛子を練り合わせ、さっと湯がいた旬のアサツキと合わせたもの。香りも色味も楽しいので、おもてなしにもお勧めの「春いちごと白味噌のぬた」です。ほんのり桃のような香りがするいいちこ のロック、新茶割りなどこの季節にぴったりです。

もう一品は「えのきと梅おかかのいいちこ 煮浸し」疲労を回復させる梅干しやえのき、鰹節を加えてさっと蒸し煮にするだけですが、いいちこ の麹の香りと旨味が素材と絡まって、美味しさの相乗効果を生みます。

どちらも思い立ったらさっと出来るおつまみです。麹由来のいいちこならではの華やかさや奥深さを堪能できる組み合わせ。美肌効果や疲労回復にも良い養生おつまみにもなっています、詳しくはkoji noteに掲載されています。麦焼酎好きの皆さん、ぜひぜひ覗いてみて下さい。

 

2022.4.22

クロワッサン・霧島編・日本の手業を探る旅・発酵の旅

杜氏・界霧島・醸造・料理家・井澤由美子・旅先・芋焼酎・焼酎

旅好き、醸造所好き、源泉掛け流し好きです。今号のマガジンハウス・クロワッサンでは、鹿児島県の霧島に取材に行かせて頂きました。

宿は鹿児島と宮崎県との境である、霧島神宮温泉の「界」。絶景の源泉掛け流しや、名産の黒豚料理にお茶、蕎麦、郷土料理などを堪能。特に印象的だったのは部屋から望めるパノラマビューと早朝の温泉での風景。まだ暗闇の中の露天風呂、だんだんと月や星が傾いてゆき、辺りが少しずつ明るくなってやっと景色が見えてくる。こんこんと湧き出る湯に身を委ねながらの出来事、心身が浄化されました。その後のお休み処もカフェインの少ない名産茶や、地産の黒酢を使ったドリンク、アイスなどもフリーで楽しめる。それから、ビューテラスでは小粋な演出の「だれやめセット」を。真っ赤な夕日を眺めながら、焼酎とおつまみにゆったりと至福の時が流れました。

界では地域の伝統や文化を重んじ、宿泊者に向けて「手業のひととき」を提案しています。「杜氏から教わる本格焼酎と醸造蔵見学」があり、昔ながらの造りを実践される中村酒造場6代目杜氏からお話を贅沢に伺う事が出来ました。麹を扱う蔵には、お酒から調味料まで日本全国を巡っている私ですが、芋焼酎は初めて。麹室見学や櫂入れも体験。蔵地下120メートルから組み上げる伏流水と焼酎で割って寝かせた「前割り」を初めて飲み、その香りや甘さ、まろやかさに心酔し、焼酎に開花。絞りたて汲みたてのグラッパのような芋焼酎も口にでき、その鮮烈さにも心踊りました。

その他、地元の方々で賑わう市場や、パワースポットの霧島神宮にお参りし、しっかり御朱印まで頂いて参りました。車で10分ほど走るとすぐ宮崎県、帰りのランチに寄らせて頂いた(がまこう庵)さんのお蕎麦やお店の手作り食、地産地消の野菜、山菜、卵などこれまたとてもステキ!色々なご縁に感謝しています、有難う御座いました。

 

2022.4.17

NHKラジオ深夜便・美味しい仕事人「養生ごはんのススメ」

nhk・ラジオ深夜便・井澤由美子・食薬ごはん・食養生・食養生のススメ・まいにち食薬養生帖・薬膳・中医学・和魂漢才

NHKラジオ深夜便、美味しい仕事人で「養生ごはんのススメ」のお話をさせて頂きました。七年前から毎日更新している私のホームページ(食薬ごはん)と、そこからさらに沢山の検証を重ねて、エッセイのように読みやすくまとめた「まいにち食薬養生帖」をアンチョコに。(聞き逃し配信・NHkらじるらじるでまだ聴けます)

シニアの方々も多く聴いてくださると伺いました、日々に少しでもお役に立てるような食の養生話と旬に出回る食材の意味、効能について。それから、中医学薬膳・日本の民間療法、郷土食・発酵食・現代栄養学を混ぜて一人一人の体質や体調に合わせるいいとこ取りレシピの組み立て方、和魂漢才の考え方。そして私が食に関わり、料理家になったいきさつなど。振り返る時間にもなり懐かしさが込み上げるなど、とても楽しい一時となりました。

番組を進行下さるのは、きょうの料理でもお世話になる人気アナウンサーの後藤繁繁榮さん。柔らかな物腰と選ばれる言葉の温かみと意義、親しみのある笑顔から包み込まれるような安堵感が生まれます。ご一緒させていただくと張り詰める緊張感からごいつも解放されていきます。後藤さんとのラジオ番組は初めてでしたが、何気なく私の色々な部分を上手に引き出して下さり、録音されたラジオはずっととっておきたい私の宝物になりました。アナウンサーのプロとはこういう事なのですね。

 

 

 

2022.4.10

kadokawa・3分クックキング・レタスクラブ・卵

kadokawa・レタスクラブ・3分クッキング・卵料理

3分クッキング4月号は春キャベツのおかず特集。春巻きやメンチカツ、和風ロールキャベツ、餃子、シュウマイ、サラダなどの33品がたっぷり掲載、付録には卵のベストおかず50が付いています。レタスクラブでは、卵とご飯が特集のご飯が進む親しみやすい料理が満載です。そして、新年度にふさわしいmonthly flower calenderが付録になっています。12ヶ月の心浮き立つような美しいアレンジメントの花々と毎月のお料理をそれぞれ紹介、メモ帳付きの携帯しやすい手帳です。

新生活が始まって新しい事が増えたり、寒暖の差から自律神経が乱れてストレスもたまりガチな4月。豊富な栄養バランスを含む卵には、必須アミノ酸8種が含まれています。食物繊維とビタミンCを添えれば、ほぼ完全な栄養食になります。筋肉量を維持するタンパク質やビタミンが豊富。薬膳では血液を補い、体を潤し、不眠やめまいを緩和する効果があるといわれています。実際に精神を安定させるトリプトファンを多く含むので、安眠効果が期待できます。何となく不安感があったり、体調不良や滋養をつけたい時、季節の変わり目など、日々の食卓に手軽に取り入れて卵料理を楽しんで下さい。

2022.4.06

朝日新聞・乳酸キャベツ・腸のご馳走・発酵食

腸活・キャベツ・乳酸キャベツ・発酵食・発酵キャベツ

本日の朝日新聞さん朝刊では「乳酸キャベツ」をご紹介させて頂きました。基本的にはシュークルートやザワークラウトと同じキャベツの漬物ですが、シンプルで作りやすい方法です。材料はキャベツと少量の粗塩、砂糖だけ、好みでスパイスや生姜などを適宜加えて発酵させます。

ちょうど昨日から二十四節気の清明(せいめい・4月5日〜19日まで)となりました。清明とは、清らかで生き生きとするという意味。自然界は草花が芽吹いて活気を帯び、空は青く広がり、緑の風が爽やかな頃です。

暖かくなって、ちょうど発酵を失敗なく促しやすい気温。春キャベツは柔らかく刻みやすいので、始めてのお漬物作りにも、最も適しています。腸が喜ぶご馳走の乳酸菌と食物繊維をたっぷり含む乳酸キャベツは、免疫力を高める手伝いをし、胃にも優しい作用が豊富です。

寒暖の差や新しいことの始まりで何となくストレスを感じる時など、ギャバが豊富な漬物は心身共のケアをします。一番簡単な発酵食、ぜひ作り置きをして健やかにお過ごし下さい。

 

 

2022.3.28

J-WAVE GOOD NEIGHBORS「食にまつわるストーリー・Tableside story」

ラジオ・J-wave.co.jp・井澤由美子・食養生・まいにち食薬養生帖・健康・薬膳・食の話

今月28日〜31の4日間にわたり「J-WAVE」でクリス智子さんが、GOOD NEIGHBORS・食にまつわるストーリー(Tableside story)で新刊の「まいにち食薬養生帖・365日の食が心とからだの薬になる」を朗読して下さいます。15時25分位から約5分間〜内容は4月のページから山菜、花山椒、桜海老、桜の塩漬けなど春の香りのする食材からです。

声やお話のされ方も凄く素敵なクリスさんが、私の文章をご紹介下さると思うと嬉しさ反面、緊張もしますが、拝聴するのがとても楽しみです。

皆さんに春の息吹が伝わること。そして、季節の食材や食薬養生を楽しみながら知って頂く事が出来ましたら、こんなに嬉しいことは有りません。宜しくお願い致します。

 

2022.3.20

kadokawa・レタスクラブベストレシピ

ベストレシピ・WEBレシピ・kadokawa・レタスクラブ・傑作レシピ集・

「レタスクラブWEB」は、毎月のユーザー数が1200万人、最大PV数が1億PVを突破する人気生活情報サイトです。雑誌レタスクラブでご紹介した料理レシピや、WEBオリジナルの料理レシピなどを多く掲載しています。

この新本では、レタスクラブWEBユーザーの皆さんから支持されたレシピが紹介されています。忙しい方々に人気の簡単美味しい傑作レシピ集で、ボリュームおかず、安うま肉でメインおかず、ほったらかしおかずや、不動の人気のレジェンドおかずなど、テーマごとにわかりやすく載っています。私も煮物や揚げ物、保存食など多数ご紹介させて頂いています。献立に迷った時などにもぜひお役立て下さい。