井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

季節の食材を知って、毎日の食生活を豊かに。
食べて元気になれる、栄養豊富な旬の食材を日替わりでご紹介します。

2018年 8月の記事

8/24

レタス(ちしゃ・乳草)

レタスは通年売られていますが、夏が旬。ちしゃは和名で切り口から白い乳がでるので乳草と呼ばれていました。体の余分な熱を冷まし、古代ギリシャでは安眠効果をもたらすとされたレタス。メラトニンと言う睡眠ホルモンと同じような物質がレタスに含まれていることが現代医学で確認されています。乳性炎を暖和したり、母乳の出を良くするなどの効果もあるそう。食感を残す程度に火を入れたスープや炒め物、蒸し物にしても美味しいレタス。標高の高い朝霧の中で育まれたレタスを、暗いうちから畑に出る農家さんに感謝しながら思うぞんぶん楽しんでいます、葉が薄くて甘くみずみずしい朝採りレタスをバリバリと!

8/21

ミニトマト・トマト・トマトリース・キッチン

写真 1

お砂糖をまぶしたような糖度の高いトマトを口にすると、ビックリすることありませんか?ギネスブックにのっているトマトは糖度が12〜18度もあるとか。通常のトマトが約7〜8度なので、果物のようなその甘さには驚きますね。トマトのリコピンには高い抗酸化作用があり、ガンや動脈硬化を予防し、美肌作りにも有効で、ミニトマトはピカイチ!夏野菜代表格ですから身体の熱をとり、喉の渇きもいやしますよ。トマトはビタミンCも豊富、コラーゲンと一緒に摂取すると体への吸収がよくなります。ミニトマトは育てやすく、ウチのベランダ菜園のミニトマトも元気に育っています。
雄大な畑で真っ赤に実味の濃いトマトを見るだけで元気になります。いろんな野菜を収穫し、リースを作るのもとても楽しい作業、キッチンも華やぎます。

8/16

ブルーベリー

DSC04132 (1)

ブルーベリーをただ冷凍しただけのアイスの実が好きです。ペクチンが多いので風味が損なわれることなく楽しめますよ、氷代わりにお酒に入れることも。
実の中まで紫色のブルーベリーはナスや赤シソなどより、アントシアニンが多い。ビタミンAも含まれるので視力低下の防止に有効です。ビタミンCや食物繊維も多いブルベリーはこの季節に起こりがちな不調もケアしてくれます。
ブルーベリーのアダルトな紫が映えるデザートや料理を考えるのは楽しい。ブルーべりーと出会いものの青ゆずのお酒を仕込みました、出来上がりが楽しみです。

8/9

グレープフルーツ

グレープフルーツはビタミンCがたっぷり、シミ、ソバカス、動脈硬化や生活習慣病の予防、肝機能にも良い効能があります。何より食べると食欲が落ち着くのでダイエットに向いていますよ。寒さに弱いので国産ではあまり生産出来ないのが残念です。ボールに卵1個と卵黄を入れ、解きほぐしてきび砂糖100gを入れて泡立て器でよく混ぜる。小鍋にバター50g。グレープフルーツ1個分とレモン果汁大さじ1を絞って入れ、中弱火にかけて冷ます。卵液に加えとろみがつくまで弱火でゆっくり煮ると、コクと甘みの中にすっきりとしたカスタードが出来上がります。夏に美味しいグレープフルーツカードの作り方です、ひんやり冷たいプリンも美味しそうですね。

8/8

鰯(いわし)

いわしには血液をさらさらにし、動脈硬化を防ぎ、気力を高めるオメガ3系のEPA,DHAが豊富。身や骨が柔らかいので骨ごとただくような調理をするとカルシュウムも同時に摂取できます。
糖尿病の方にも有効なインスリンの材料成分が多く含まれており、お刺身や酢締め、梅煮などもお勧めです。中医学では消渇(しょうかつ)と書きますが、その名の通り喉の渇く症状がでます。痩せて、足腰が弱くなり、夜間のトイレの回数が増えて尿が濁り、甘いような臭いの感があります。腎臓の弱りもあるので、塩分、糖分を控え山芋や黒豆、黒ゴマ、海藻など黒いものをいただくように日々意識し、疲れすぎない適度な運動を心がけるとも大切です。じっくり寝かせた鰯のぬか漬けも美味しいものです、工夫していただきましょう。

8/5

8月5日発酵・醗酵の日(はっこうのひ)

DSC00003

今日は発酵の日だそうです。日本は世界有数の発酵大国、お味噌汁一つとってもお味噌&鰹ぶしの発酵食ダブル使いですね。発酵食が身体に良いのは、腸が体の67、割の免疫力を作るからですが、その腸を健やかな状態にするからです。ひとくくりにされている腸は小腸と大腸に分かれ、とくに小腸にある回陽が大切な役割を果たしています。発酵食はとてもナチュラル、ぜひ自然発酵した本物の発酵食を幅広く食し、腸に貯菌して腸力を上げて下さい。第二の脳と言われる腸は、実は思考をもポジティブにします。今日は特に、身近にある発酵食を意識した食卓にしてみてはいかがでしょう。

8/4

発酵調味料・酢・ドライフルーツ昆布酢・レーズン昆布酢・あさイチ

IMG_1770

本日14時からたまプラーザテラスにてレーズン昆布酢イベントがあります、ぜひ遊びにいらしてください!
一昨日「NHKあさイチ」でもご紹介させていただきました、ドラフルーツ昆布酢。分かりやすく「レーズン昆布酢」として書籍でも販売となりました。許年の春頃から「きょうの料理」で企画撮影され、数回にわたってご紹介してきたものをまとめたもの。ドライフルーツのナチュラルな甘味が酢にうつり、昆布のカルシウムが酢に溶け出し醋酸カルシウムになって体に摂取されやすくなります。疲れた時や夏バテ気味にも効く酢、クエン酸で元気を回復します。内脂肪を減少させる、消化を促進させるなど効能がたくさん。料理にドリンクにと、使いやすい手作り調味料です。頭をスッキリさせ、心和み、カラダをもうるお酢、夏に特にお勧めの発酵調味料です。

8/3

オクラ・昆布酢・疲労回復

独特のネバネバ食感が美味しいオクラ、切った断面が星型なのも可愛い。ベランダ菜園でもスクスク育ちますが、きゅうりと同じように見逃して大きくなってしまったものは硬くなるのでご注意を。ビタミンと繊維が豊富、細胞の老化を抑え、胃粘膜を保護します。
オクラと納豆、昆布酢と混ぜた酢のものは疲労回復効果が高く、便通作用も効果抜群ですよ、お夕飯にいただくと特によいですね。ガクはポンと落とすより、先端の角の部分を丁寧にむく方がお勧め。ネットの上に塩をかけてもんでうぶ毛を取り、熱茹で1分弱茹でてそのまま冷ます。滋養強壮にも良いとされるオクラ、生オクラをグリルで焼いた焼きオクラ、素揚げオクラも美味しいので是非お試しください。

8/2

酢・発酵食・ドライフルーツ昆布酢・レーズン昆布酢・あさイチ

IMG_1759

酢は世界最古の発酵調味料と言われています。食欲を増進、内脂肪減少、疲れをとるなどの様々な効能があります。ドライフルーツ昆布酢は昆布の旨みにドライフルーツのナチュラルな甘みが加わり、柔らかな酸味で芳醇な味わいが楽しめます。いつもの酢のものやドレッシングに使うのはもちろん、煮物や炒め物に加えるとコクが出て、少ない塩分でも満足できて減塩につながります。また酢の醋酸と昆布のカルシュムが結びつくと醋酸カルシュウムになって、カルシュウムの吸収率が良くなります。カラダと心をもいやす、癒し酢は元気になる作り置き調味料です。
本日NHK「あさイチ」ご紹介した豚肉のすき焼きは、豚肉のビタミンb1を摂取しやすくするのでスタミナアップや疲労回復にとても効果的な一品です
8月4日14時からたまプラーザテラスでドライフルーツ昆布酢のベントがあります、お近くの方はぜひ遊びにいらして下さい。