井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

季節の食材を知って、毎日の食生活を豊かに。
食べて元気になれる、栄養豊富な旬の食材を日替わりでご紹介します。

2018年 8月の記事

8/31

茄子(なす)・なすび・味噌炒め

写真 3

茄子の原産地はインド。16世紀のフランスでは有毒だとみなされて観賞用だったとか、茄子をながめていたなんて何だか面白いですね。
日本には平安時代の8世紀頃にお目見えしました。花も紫色で可愛いですが、採りたては鋭いトゲがあって刺さると痛いのでご注意を。茄子の種類には、関東によく出回る千両茄子を始め、長茄子、水茄子、米茄子、地域特有のブランド茄子、最近では美しい明るい紫色の丸茄子など多様に出回っています、海外にも青茄子や白茄子がありますが、卵のようなその形からエッグプラントとも呼ばれています。
いつもの味噌炒めの仕上げに、ほんの少々コーヒーを加える、騙されたと思って試してみて下さい(茄子のお料理にはできるだけカラダを温める生姜、にんにく、ねぎなどを加えるとよいですね)
ちなみに私がこの世で1番好きな茄子のお料理は、新橋鮎正さんの鮎のうるか茄子、本店の子持ち鮎はこれから楽しみ!

8/30

納豆・なっとう・発酵食・美肌

securedownload-2

納豆1パックに昆布酢小さじ2〜3、粗塩2つまみ、付属の辛子を加えた「塩酢納豆」をよく混ぜる。白い泡がもくもくと立ち、喉越しの良いサラサラとした納豆になって胃、体がすっきりします。
じゃこを加えるとカルシウムも酢の効果で摂取しやすくなりますよ。
塩酢納豆に漬物、みょうが、しそ、生姜、おろしキュウリ、トマトなど好みで刻んで加えても。
納豆に黒すりごまを加えると白髪予防になります、ごま油かオリーブオイルを加えると高い便秘改善効果が生まれる(特に夜お試し下さい)。
納豆をよく混ぜていつもより醤油を少し多めに加え、さらによく混ぜる。八分目によそった熱々のご飯にのせ(1人分約半パック)煎茶をかけていただく。かんずりや柚子胡椒、あられ、のりなどお好みでトッピングして。こちらは魯山人さんの好きな納豆茶漬けです。

8/28

プーアル茶・発酵茶・黒茶・ダイエット

写真

熟成年数が上がるほどに、深みや旨味が増すプーアール茶。後発酵製法で作られ、お茶は発酵度が高くなるほどより美味しく健康維持に適切なお茶になります。
麹菌で発酵させるビンテージはお値段もナカナカですが、自身で煮出して持って歩くと、効能もひとしおです。ウーロン茶と並んだダイエット茶として有名なプーアル茶は、緑茶を発酵させた発酵黒茶。この発酵途中で生成される重合型カテキンが、脂肪のつきにくい体へと導いてくれます。
まだまだ暑いですが、秋になると体が冬に向かっていろいろな栄養分を蓄えようとするので、今からが大事。
プーアール茶は脂肪を溶かす作用があり、お皿の油汚れも落とすほどです。
プーアル茶を野菜スープにしたり、豚の煮込み料理に加えて煮るとさっぱりした煮豚になりヘルシー。

8/26

トマト・麻婆豆腐

暑い時はトマトの酸味が美味しく感じますね、ベランダ菜園のトマトも完熟しています。辛く刺激的なものが食べたくなったので今日はトマトの麻婆豆腐を作ります。加える唐辛子のカプサイシンが発汗作用をもたらし、ヘルシーなのでダイエットにもよい一品。作り方です。トマト1個はざく切り、豆腐半丁は賽の目、にんにく、生姜、ねぎや三つ葉は適宜みじん切りにする。フライパンにごま油、豆板醤、生姜、にんにく、ねぎを炒め、こま肉100gの色が変わるまで炒める。混ぜながら水1カップ、鶏ガラスープの素、片栗粉、醤油、オイスターソース各小さじ1を加え、とろみが出たら豆腐とトマトを加え数分煮て山椒やラー油、甜麺醤を好みで加えます(溶き卵をふんわり加えてもいいですね)。
トマトは食欲回復効果が期待できる野菜、赤い成分のリコピンと豚肉のB1、にんにく、生姜で美肌効果を上げます。

8/25

梅肉・豚肉・茹で豚・作りおき

今日も暑かったですね、昨夜のバーベキュー用のバラ肉3分の1で茹で豚を作りおきました。厚手の鍋に酒50cc、山椒の実の塩漬け、皮付き生姜スライス、あればタマネギやネギのはしきれをいれます、山椒の実塩漬けは胡椒のホールでもよいでしょう。かたまり肉に塩麹か粗塩をもみ込んだもの2〜300gと、かぶるくらいの水を入れ、厚手のキッチンペーパーをかぶせてコトコトと30分ほど火にかけてそのまま冷ますだけ。薄切りにして、叩いた梅肉に蜂蜜を少し加えまぜたものをタレとします(梅ダレはマヨネーズを入れるとお子さんも好きな味)、タレは酢橘と粗塩、辛子と醤油などお好みで。夏の疲れた体が元気になる組み合わせです。

8/24

酢橘・すだち

LRG_DSC05333

今年は庭の酢橘がたわわです。南高梅も梨も例年になく大きいビックサイズに育ちました、実りものが生ると嬉しくなります。葉付きの野菜や果物は撮影でものすごくいい味をだしてくれるので必需品。
すだちの姿形を見るだけでよい香りと爽やかな酸味を脳が想像するので、リフレッシュします。
今日はとてもむし暑かったので、炊きたてのごはんに塩をパラリとふりかけ、もぎたての酢橘をギュッと絞って酢橘飯にしました。しらすやたらこをのせたさっぱりのっけごはん、きゅうりの漬物で作った椀ものにもひとたらし。
朝のフルーツ・ビタミンCは金。リモネンの香りがストレスを減らし、疲労回復効果を担います。

8/24

レタス(ちしゃ・乳草)

レタスは通年売られていますが、夏が旬。ちしゃは和名で切り口から白い乳がでるので乳草と呼ばれていました。体の余分な熱を冷まし、古代ギリシャでは安眠効果をもたらすとされたレタス。メラトニンと言う睡眠ホルモンと同じような物質がレタスに含まれていることが現代医学で確認されています。乳性炎を暖和したり、母乳の出を良くするなどの効果もあるそう。食感を残す程度に火を入れたスープや炒め物、蒸し物にしても美味しいレタス。標高の高い朝霧の中で育まれたレタスを、暗いうちから畑に出る農家さんに感謝しながら思うぞんぶん楽しんでいます、葉が薄くて甘くみずみずしい朝採りレタスをバリバリと!

8/22

糠漬け(ぬかつけ)・免疫力・植物性乳酸菌・発酵食

夏こそぬか漬け。
汗を掻くのでぬか漬けの塩分が美味しく感じます。酸味が心地よく、ひんやり冷えた漬物は格別ですね。
腸内の免疫力(体の6割は腸が作る)をアップする食材として日本の伝統食のぬか漬けは素晴らしく、胃酸にも強い植物性乳酸菌がたっぷり。含まれるギャバには脳の興奮を抑える効果が期待できるので、夕食時にいただくと安眠出来ると言われています。発芽玄米、トマトとじゃこのサラダなどと合わせて相乗効果を担ってもよいですね。
腸内の健康状態は体の軸。ヒポクラテス(古代ギリシャの医師)も「すべての病気は腸から始まる」と言っています。アトピーや湿疹などのアレルギー、自己免疫力、感染症、胃腸系慢性疾患、うつ、認知症にも関連すると言われる腸、第2の脳とも言われる所以です。

8/21

ミニトマト・トマト・トマトリース・キッチン

写真 1

お砂糖をまぶしたような糖度の高いトマトを口にすると、ビックリすることありませんか?ギネスブックにのっているトマトは糖度が12〜18度もあるとか。通常のトマトが約7〜8度なので、果物のようなその甘さには驚きますね。トマトのリコピンには高い抗酸化作用があり、ガンや動脈硬化を予防し、美肌作りにも有効で、ミニトマトはピカイチ!夏野菜代表格ですから身体の熱をとり、喉の渇きもいやしますよ。トマトはビタミンCも豊富、コラーゲンと一緒に摂取すると体への吸収がよくなります。ミニトマトは育てやすく、ウチのベランダ菜園のミニトマトも元気に育っています。
雄大な畑で真っ赤に実味の濃いトマトを見るだけで元気になります。いろんな野菜を収穫し、リースを作るのもとても楽しい作業、キッチンも華やぎます。

8/20

黒きくらげ・甘酢漬け・薬膳

写真

黒きくらげは腎機能を高める効能があるとされています。老化防止、アンチエイジングに役立ち、繊維も豊富なので便秘解消にも。独特の食感が楽しいのでサラダや煮物、炒め物やスープなど様々な料理に重宝します。今日は甘酢漬けのご紹介=黒きくらげは乾物なら水に浸し、好みの食感になるまで茹で、生ならさっと湯どうしする。容器にドライフルーツ昆布酢(酢)100cc、刻んだ赤唐辛子(辛いのが苦手な方は種を抜く)を適宜入れてマリネする。ゴーヤ、茗荷、生姜などお好みで加えても。
コリコリとしたさっぱり感に癒され、酢のクエン酸も手伝って疲れがとれます。