井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

季節の食材を知って、毎日の食生活を豊かに。
食べて元気になれる、栄養豊富な旬の食材を日替わりでご紹介します。

2017年 8月の記事

8/29

スーパーフード・アーモンド

スーパーフードのアーモンド。抗酸化作用が高いので、アンチエイジング、ダイエット、デトックスに効果があります。薬膳では血行を促進させ、神経を活性化させる若返りの食材とされていますよ。食物繊維がたっぷりなので便通をうながし、腸や肌をきれいにする。良質なオレイン酸、ビタミンE、ビタミンb2などが豊富で、悪玉コレストロールを抑制する美容食としても有名、日本で栽培されているアーモンドもありますよ、花は櫻(さくら)に似ています。

8/23

煎酒(いりざけ)・江戸調味料

ある時、煎酒で白身魚のお刺身をいただきました。それからというもの、お醤油をつける気になれない。素材を素晴らしく引き立てる江戸の伝統的な調味料「煎酒」。醤油が普及する前は、各家庭の手作りでした。作り方は簡単、小鍋に日本酒2カップ半、大粒果肉の梅干し3個を入れて煮立ったら弱火で半量近くになるまで煮詰める(こんぶはお好みで)。薄口しょうゆ小さじ1と鰹節適宜を加え火を止め、冷めたらキッチンペーパーをひいたザルでこすだけ。日本酒は料理酒ではなく、気軽に飲める程度の日本酒で作ってください。冷蔵庫で日持ちもします、サラダや麺類にもお勧めの万能調味料です。

8/22

葉付き生姜(はつきしょうが)・三洲生姜・谷中生姜

写真

葉付き生姜を土から抜く時にも、その辛みを含むいい香りがパーンと立ち昇ってくる。
葉付き生姜は若い芽を葉ごと収穫したもの。関東でよく聞く谷中生姜は東京の台東区で多く作られていたもので、地名が由来。写真の生姜は、愛知県三洲で作られる三洲生姜種、メイドイン北海道です。
インドや中国では古くから生薬として使用されてきた生姜。日本では主にそのまま味噌をつけて食べたり、甘酢漬けにして保存したり、天婦羅などに調理される。
甘酢につけた葉生姜を細かく刻んで、ごまと一味と塩鮭を混ぜて常備菜に。鮭がさっぱりして、殺菌効果も高くなるのでお弁当やおにぎりにお勧めです。
気の巡りを良くし、消化促進、発汗作用があります。

8/9

命薬(ぬちぐすい)

沖縄では体によく美味しいものをいただいた時、心も満たされて薬ほどに効能があると言う意味で「命薬」と言う素敵な言葉があります。命「ぬち」、薬「ぐすい」です。口に入れるものだけではなく、心が温かくなるような豊かな心情になる出来事や、風景や動物たちに癒されてほっこりすることなども含まれています。旬の野菜に発酵食や発酵調味料、たんぱく質を少し合わせた料理で暑いこの季節を元気に乗り切りましょう。家族の健康を守り、調理する人はお家の食医です。忙しい毎日ですが、いつも少しでも「命薬」になるようなごはんを作りたいと心がけたいですね。日本の調味料は発酵食品が多いので自ずと摂取しやすいのも嬉しい。

8/8

玄米(げんまい)

玄米は身体にたまった老廃物を体外に排出する効果が高いので、ニキビなどの予防にもピッタリ。ニキビは、余分な脂質が皮膚から出ている状態ですから、体内を綺麗にすると肌に直接出ることを抑えてくれます。気になるニキビが多い時は玄米食にしてみましょう。もちあわや豆などを加えるとバランスよく食べやすくなりますし、今の季節は梅干しを加えて炊いても。どちらにしてもしっかり浸水させて、塩2つまみほど加えて炊くのがコツです。玄米粥もいいものですし、ペーストにして玄米クリームを作っても。少しかために炊いてリゾットを作ると、つぶつぶの食感とクリーミーなコクとのコントラストが絶妙、ブルーチーズを加えても美味。ただし玄米は、お腹をこわしやすい人や脾胃の弱い人は様子をみながら体調に合わせていただいて下さいね。

 

8/6

休日のしそ焼き飯・香りごはん

材料は冷蔵庫の残った冷やご飯、刻んだソーセージやハムの端切れと玉ねぎか長ネギ、それからワサワサなっているベランダのしそ(大葉・青じそ)大量。フライパンにごま油をなじませ、ハムと野菜を炒め、しんなりしたらバター少々とご飯を加えてパラパラになるまで炒める。醤油かナンプラーを適宜加えて、塩、こしょうをふって味つけする(好みで鶏ガラスープの元少々)。もう、これでいいと思ったら刻んだしそをパッと加えてサッと混ぜて火を止める。大皿に盛っていただく、旨し!と皆んな口をそろえる。横目に見えたこれまたワサワサのバジルは美味しいオイルと次回パスタで。香りが極上の調味料、シンプルイズベストなのです。