井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

季節の食材を知って、毎日の食生活を豊かに。
食べて元気になれる、栄養豊富な旬の食材を日替わりでご紹介します。

2015年 12月の記事

12/29

たたきごぼう・おせち・祝い肴4

写真

地中深く根を貼るごぼうは、長寿や、家の土台がしっかりして家業が堅固になることを願って食べられます。ゆでたごぼうをたたいて繊維をほぐし、味のなじみをよくしてさらに食べやすくします。食物繊維たっぷりで香り豊かなごぼう、つい食べ過ぎるお正月の体調も整えますよ。作り方=皮を包丁の背でこそげ取ったごぼう2本(150g)を20㎝くらいに切って酢水に10分ほどさらす。フライパンを弱火にかけ、ごま大さじ6を入れ絶えず揺すりながら香ばしい香りがするまで乾煎りして熱いうちにすり鉢に入れて半ずりにし、きび砂糖大さじ1半、酢、醤油各大さじ2を加え混ぜあわせる。鍋にたっぷりの湯を沸かし(1リットルなら酢大さじ1を入れ)3、4分茹で、熱いうちに綿棒などで軽く叩いて5㎝幅に切る。熱い内にゴマだれと和える。簡単なのにきちんと作れる「おせち料理」成美堂出版P24より

12/24

鱈子(たらこ)・たらこごはん

写真

たらこは鱈の腹子を塩漬けしたもの、肌の粘膜を保護します。炙りたらこなど大好きです、ごはんにもお酒のおつまみにも最高。今日はたらこごはんの作り方です=米2合を研いで鍋に入れ、水と昆布を入れ20分浸す。酒、醤油、粗塩少々をふって強火にかけます。沸騰してきたら弱火にして10分ほど炊き、たらこ大きめ一腹を加えて火を止めて5分蒸らします。ざっと粗くほぐしいただきます、海苔で包んだり、少しワサビを添えたり、柚子皮をちらしたり好みでどうぞ。

12/21

薩摩芋(さつまいも)・安納芋(あんのういも)・焼ききんとん

写真

栗色の甘いさつま芋の安納芋は種子島の特産品です。オレンジ色はカロチン、ビタミンC、食物繊維が豊富なので美肌効果も抜群。安納芋には皮が白い安納こがねなどの種類があり、焼くと40度前後の糖度まで上がります。収穫されてから3週間前後たってから美味しくなるのも特徴。ホイルに包んでオーブンでじっくりゆっくり焼いた(焼ききんとん)お正月におすすめです。

12/20

芽キャベツ・ビタミンC

写真

キャベツは何よりビタミンCが豊富、コラーゲンの合成も育成します。収穫時期は11月〜3月頃。少し苦味がある芽キャベツは、湯をわかしさっと塩ゆでする。ベーコンをノンオイルでフライパンで焦げ目がつくまでカリカリに焼き、硬めに下茹でした芽キャベツを加えて脂が回るまで炒めて軽く塩、胡椒したソテーはお勧めですよ。

 

12/6

多汗・のぼせ

風邪や病気による高熱症状からくる発汗ではなく、臓腑機能の疾患による特に上半身に出る多汗。いきなり吹き出す汗には手をやきますね、できるなら少しでもおさえたいものです。直ぐに試せるものとして、のどにも優しい「黒酢のはちみつホットドリンク」をご紹介。(純正はちみつ大さじ1半を150ccの湯で溶かし、黒酢小さじ2を加えて混ぜる)蜂蜜の甘味と酢の酸味が気血を調和し、発汗を抑える作用があります。その他の食材として山芋、栗、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草、ニガウリ、胡瓜、ハトムギ、海藻、梅、レモン、あさり、しじみなどなど。

12/4

台湾・薬膳・食薬ごはん

写真 2

疲れた胃や体調不良になると体に優しいものを求めるが、この国の食とは何をいただくにしても日々食薬。例えばふらりと立ち寄った甘味やさんで、冷やしたトマトをただいただくだけでも、黒砂糖と生姜の手作りソースが付いてくる。
暑いので少し冷たいトマトを食べるとスッキリする、でも体を冷やし過ぎないよう、疲れがとれるようにただのトマトにも配慮する。地元の定食屋さんでも毎日の活力を生む為、生薬が何気なく当たり前に入っていて本当に感心する。
手間を惜しまず料理する、健やかに居られる美味しい国です。