井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

季節の食材を知って、毎日の食生活を豊かに。
食べて元気になれる、栄養豊富な旬の食材を日替わりでご紹介します。

2016年 5月の記事

5/30

草の中のアスパラ・免疫力・vol・1

写真

北海道からアスパラが届きました。農家さんによって味が違いますよ、道産だからといってまったく同じではありません。アスパラの下の方の皮を剥いて、生で食してみるとそれがよくわかります。農薬や有機肥料さえも使わない、自然の連鎖だけの栄養分で育った赤井川いわもと農園さんの貴重なアスパラ。少し細身で穂先はうっすら紫色、とても甘くてあぁ美味しいなぁと感じます。アスパラに含まれるアスパラギン酸は滋養強壮に富み、その生命エネルギーが体を奥深く潤す。一本足のものは(椎茸やブロッコリー等もそう)抗がん作用など、特に体によい野菜とされています。

5/17

山芋・長芋・糖尿病予防

今日は朝から雨降り、少し気温が低く感じられますね。二十四節気(季節の気候や自然の境目、変化を表したもの)のこの頃は、走りの梅雨とも言われ、麦の穂が成長するなど、穀物や植物が天地に伸びる小満(しょうまん)です。少し肌寒いこんな日は温かい椀ものと簡単で滋養のあるものを食したい。ちょうど昨日、道の駅で購入したみずみずしい春大根と山芋があるので、大根たっぷりの豚汁と、とろろごはんにします。山芋には、血糖値を下げる効能があるので糖尿病や成人病予防に特にお勧めの。ぬめりが滋養強壮効果を高めるので、おろしてとろろ汁にするとより身体に吸収されやすくなります、味噌や梅(豚汁の汁気でも)と溶くとお味も栄養価も上がりますよ。身体がちょっと疲れた時、胃の調子が悪い時、元気になりたい時にも。温かい具沢山の汁ものと合わせていただくとホッとしますよ。

5/10

春キャベツ

DSC04364

みずみずしく柔らかで甘い春キャベツがたっぷり。ニラやもやしも入って山のようにつまれた野菜の上に、甘辛いタレに漬け込んだラムがのったジンギスカン、連休中の一コマです。この後、釣った魚をさばいて煮付けたり、クレープを焼いたりと船上でもプレートは本当に便利でした。ミニパーティーなので、お酒の出る幕も多いのですが、キャベツはキャベジンという薬の名になるほど胃腸の働きを活発にし、胃粘膜を整え、消化不良を改善する効果があります。ヨーロッパの昔の王族は酒宴前に必ずキャベツのスープをのんでいたとか。飲みすぎ食べすぎが予想される宴会の、救世主的な野菜なのです。中医学では腎機能を回復させる効能があるとされ、アンチエイジングや老化防止にも◎。