井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

季節の食材を知って、毎日の食生活を豊かに。
食べて元気になれる、栄養豊富な旬の食材を日替わりでご紹介します。

2017年 10月の記事

10/26

小松菜(こまつな)・高血圧

薬膳で小松菜は、熱をともなうほてりなどの症状に良いとされています。胃の働きも促進する効果があり、ビタミンC、カルシュウムも豊富なので骨を丈夫にし、イライラを予防すし、血圧の高い人にもお勧め、鉄分は貧血予防に役立ちます。そして歯や歯茎にとても有効な野菜、歯周病が気になる方は1日250g前後の小松菜を目安にされるとよいですね。青汁にしたり、レモンやりんご、にんじんなどと合わせたジュースに、お料理に随時使用してみると良いでしょう。食感の残る小松菜の煮浸しのご紹介です、小松菜半束(茎の部分に砂があるので水で浸して落とす)を4㎝幅に切って茎の硬い部分からフライパンに入れる(じゃこ、ささみ、揚げげなど加えても)。ごま油小さじ2〜3、粗塩3つまみを回しかけフタをして中強火(ポイント)にかける。しんなりして色鮮やかになったら出来上がりです。下茹でしないので栄養価が逃げません、煮汁もぜひいただいて下さいね、ごま油の効果でカルシュウムの吸収も良くなります。

10/16

菊花(きくか・きっか)・眼精疲労・ドライアイ

最近すっかり老眼になり、デスクワークではメガネをかけないと字が読みづらくなってきてしまいました。。薬膳で眼精疲労に効くのは菊花。目のかすみ、ドライアイなど主に目のトラブルの解消に使用され、クコの実を加えたお茶は飲む目薬と言われる漢方薬の「紀菊治黄丸」。私はいつものお茶に菊花茶を加えてブレンドしています。解熱作用もあるのでこの季節にひきやすい風邪やのぼせ、頭痛、目赤、まぶたの腫れ、高血圧などにも有効。酒毒緩和作用を期待して中国では強いお酒をいただく時にも飲まれています。店頭で見かけ始めた日本の食養菊はまた少し効能が異なりますが、独特の風味がよいものですね。食す時はアクとエグミをとり、色を保つ為に熱湯に酢を加えてさっと茹で、冷水にとってギュッと絞って調理します。貝と甘酢と和えたり、お浸しや椀もの、お刺身のツマなど。いずれにしてもたっぷりいただいて効能を高めます。

10/14

当帰(とうき)・月経不順

女性に、なくてはならない心強い生薬。当帰は芳香性の多年生で、11月頃に根を掘り、水で洗って天火干しした薬草です。その効能は血液の質を良くし、量も増やす優れもの。血行不良や貧血、めまい、動悸、月経不順、生理痛、顔色の悪さを改善しますよ。また血液の不足による頭痛や身体の痺れ、脇胸の痛みなどにも有効。血圧を下げ、鎮痛、腹痛、強壮薬としても漢方では使用されます。美味しいものが増えると同時に寒さが増してきますね、足元を冷やさないことも大事ですよ靴下も必需品になってきた今日この頃。

10/1

蓮根(れんこん)・蓮(はす)・貧血

蓮根は調理の仕方によって、いくらでも表情を変えることが出来る魅力的な野菜。蓮根に含まれるポリフェノールには抗酸化作用や殺菌作用があると言われていますが、この成分はわずかながら皮の方に多いのです。なので、剥いてしまうのはもったいない。私はたわしでこすって調理します、香ばしさも感じて美味しいなぁと思うのですが、皮の硬さが気になる方は包丁の背でこそげたり、薄く剥いて下さいね。すって加熱すると自然なとろみがつきます、椀ものなどに入れると喉の痛みや咳が鎮まる。スッと糸引く縦切りもお勧め、切り方や厚さによって食感が変わります。散らし寿司やお稲荷さんには薄切りでさっと茹で甘酢漬けにして胡麻と合わせると美味。蓮根は薬膳では止血類になり、養血効果もあるので貧血気味の方は、レバーやひじきと合わせた煮物や炒めものなど相乗効果がありお勧めです。