井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

news

2018年 2月の記事

2020.5.15

フジテレビ「四季彩キッチン」/リーフレタス・野菜

四季彩キッチン・フジテレビ・野菜・リーフレタス・レタス・

日本の農業の「いま」をプレゼンテーションする、林修先生が進行役の「四季彩キッチン」は、旬の採れたて野菜をご紹介する番組です。
私は5月18日(月)放送の「リーフレタス」の回に出演させて頂き、〆まで美味しく楽しめる一品をご紹介致します。
サラダやサンドイッチでお馴染みの「リーフレタス」、番組でご紹介するレタスは、野菜に過不足なく栄養が行き渡り、毎日新鮮野菜を作る事ができる島根県の野菜工場で作られているもの。見目麗しいリーフレタスで、お皿の上もパッと華やぎます。
サラダ好きです、美味しく食べるコツをご紹介します。フレッシュ感が何より大切、冷水にレタスを数分つけてパリッとさせたら、サラダスピナーや清潔なタオルなどで「しっかりと水分をとります」。その後、かける、和えるだけでなく「葉に一枚一枚ドレッシングをドレス(まとうように)させるように」意識して葉に馴染ませて下さい、シンプルなサラダをグンと美味しくする秘訣ですのでぜひお試し下さい。
番組情報です。
番組名「四季彩キッチン」 番組公式ホームページhttps://www.fujitv.co.jp/shikisai_kitchen/ MC:林修先生
フジテレビ(関東):毎週月曜日21:54~22:00
関テレ  (関西)  :毎週水曜日21:54~22:00
BSフジ  :毎週水曜日22:55~23:00 ※フジテレビの1週遅れです

2020.4.25

Beautiful

beautiful・健やかな暮らし・美しく・健康

バラやツツジが満開で綺麗ですね。カモミールやミント、ローズマリーなどのハーブもグングン育って、透き通るような新緑が美しく、過ごしやすい気温です。高島屋さんの春のギフトカタログができました。こだわりハムのソーセージ、お酒、珍味、肉や魚の詰め合わせ、スイーツ、ご馳走おかずから、梅干しやお米、お茶に至るまで日常的な厳選素材もたっぷり掲載されています。その他、快適な睡眠を得やすい枕、リラックス効果の高いルームウエアやハンドマッサージャー、良質なヘアブラシ、メイクブラシまで見ているだけでも楽しい充実のラインナップ、母の日のプレゼントにもお勧めです。
「健やかに美しく」がこの号のコンセプト、私は身近な薬味や食材の食べ合わせで元気になれる作りやすいレシピをご紹介しています。

2020.4.08

「きょうから薬膳・漢方ライフ」〜気・血・水・カラダ巡り塾〜オンラインサロン

薬膳・漢方・食薬・生薬・オンラインサロン・健康・美味しい食卓・免疫力・自然治癒力

本日、薬膳オンラインサロン「きょうから薬膳・漢方ライフ」〜気・血・水・カラダ巡り塾〜をオープン致します。
薬膳とは、食べ物の効能と身体への影響を知り、調和を図る美味しい食事法でハードルの高いものでは有りません。もともとは、とてもシンプルで大らかなものでした。体が冷えたら温める、熱ければ冷ます、余計なものは省く、足りなければ補うと言うように。食材の性質を知って、体に取り入れ、不足を補うと言う事です。
今日食べたものが明日の自分を作り、日々の食養生で未病や病気を防ぐ手助けになります。日本の民間療法も含め、食の知恵があると、いざと言う時に慌てなくてすみ心強いものです。
身近な食材や生薬で身体を整える「薬膳・漢方・食薬の知恵」中医学にまつわるお話をお伝えしながら、皆さんとご一緒に楽しく学んで交流出来る「塾」のような薬膳教室を目指しています。
オンラインサロンは、時間を調節する必要も、移動時間も要らず、自分のタイミングに合わせて学ぶ事が出来るのも良いところです。このサロンには、奥深い知識を持つゲストティーチャーも遊びに来てくれますよ。
日々色々な情報を更新予定ですが、14日間無料です!まずは、覗いてみてください
music.jp   https://s.music.jp/Z9Z2G
オンラインサロン「きょうから薬膳・漢方ライフ〜気・血・水カラダ巡り塾」

2020.4.01

栄養を捨てない「まるごと」野菜レシピ

IMG_6319

野菜の芯、皮、軸には栄養がたっぷりあります。例えばキャベツの芯に含まれるカリウム、カルシウム、マグネシウムは葉の2倍あり、ビタミンCは一番外側の葉に多く含まれています。セロリの葉のカロテンは茎の2倍ですし、新じゃがは皮の近くにカリウムが多いので、タワシでよくこすって調理をすると良いですね。水分が多く鮮度の良い新じゃがは、皮が柔らかいので丸ごと食べられます。
この本では、キャベツ、新じゃが、新玉ねぎ、グリーンアスパラガス、セロリ、しいたけ、かぶなどの栄養価の高い野菜が勢ぞろい。野菜の栄養素と、作りやすいメニューが判りやすく掲載されています。
kadokawaレタスクラブmook・特別編集〜栄養を捨てない(まるごと)野菜レシピ新発売

2020.3.15

大豆・豆・ビーンズレモンサラダ・薬膳

IMG_5130のコピー

大塚製薬さんの健康とキレイを応援する情報誌(mina kukakaa ミナ・クッカ)。
今月は、爽やかな酸味の「ビーンズ・レモンサラダ」をご紹介させて頂いております。
春は、冬に溜め込んだ毒素を出そうと肝臓がフル回転しています。加えて、環境の変化が多い4月はストレスを抱え込みやすく、アレルギー反応が過剰に出たり、気分が塞ぐなど心身共に体調を崩しやすい時期。
薬膳では、春は緑色の食材を食し、酸味を摂取する献立になります。気の巡りが良くなるレモンやハーブの香りでリフレッシュし、酢やレモンなどの酸味を加えてケアします。発酵食品の塩麹とオリーブオイルは好相性、味だけではなく、腸の蠕動運動を促進させる効果が期待出来ます。免疫力は腸が7割作ります、良質なタンパク質の大豆と合わせるとバランスの良いサラダになります。
次号の特集は「カラダの巡りがよくなる 血管のお話」です。

2020.3.08

日本テレビ・お味噌汁・発酵食・免疫力

免疫力アップのお味噌汁

本日の日本テレビ「所さんの目がテン!」では、「免疫力」未知のウイルスにも負けない体を作ろう!編で、朝7時から放送です。免疫基礎知識も解説するなど、様々な角度から免疫力を上げる方法をご紹介する中で、私は免疫力UPお味噌汁や疲労回復効果のあるお味噌汁を監修、ご紹介します。
味噌は「日本の免疫力」と言っても過言ではありません。自分の体を守れるのは自分の免疫力だけです、腸の能力を日頃から高めておくには、やはり発酵食と食物繊維を日頃から摂取し、腸を健やかに保つ事が大切です。
一杯のお味噌汁には沢山の素晴らしい効果があります、煮込む具材の栄養価を丸っと手軽に吸収出来るところも嬉しいですね。

*疲労回復お味噌汁(2人分・小鍋に出汁300ccを温め、おろしにんにく半かけ分、下茹でした生黒きくらげ70g、豚バラこま肉70gを入れ味噌大さじ1を溶き入れる)黒きくらげのビタミンDと繊維、疲れが取れる豚肉のビタミンB1、これらを合わせると健康効果が高まるおみそ汁になります。元気がでるにんにくのアリシンはおろして加熱すると身体に有意義に摂取できます。

*血圧安定お味噌汁(2人分・じゃが芋とさつま芋は角切りにして、水に放しザルに上げる。
 鍋に300CCの出汁と1を入れ火が通ったら、角切りにた山芋を加え、味噌を溶いて碗に盛る。
塩分を排出するカリウムが豊富な芋類をたっぷり入れたお味噌汁、食物繊維、ビタミンCも摂取。

おみそ汁が色々な具材と合うのは細かい粒子のコロイド(アミノ酸・ペプチド・旨味成分)が強い風味の具材でも、包み混んで味をまとめてくれるからだそう。
温めた食材の栄養は煮汁に流出します、煮ると沢山の野菜が簡単に美味しく食べられるのも嬉しいですね。

朝の目覚めにいただくと交感神経もONになって1日をスムースにスタートできますよ。夜は疲れをとって体を温めるのでホッとします。昔からお味噌汁は1日の毒消しと言われるほど、温かいお味噌汁を毎日いただきましょう。
様々な味噌があります、ブレンドしたり、合わせる具材を工夫したお味噌汁をぜひお子さんとも作って下さい。
楽しみながら味わうと、体にも心にも免疫力が付きます

2020.2.01

3分クッキング 2月号・麹・美味しい発酵食おかず

IMG_1893

今月2月号の3分クッキングは「発酵食おかず特集」です。
お勧めの「豚のしょうが焼き」P9のタレはご飯が進む自慢の配合です、ぜひ作ってみて下さい。表紙の煮物は「牛肉と大根のしょうゆ麹照り煮」P13です。旨味が染みた旬の大根は、大きめに切った方がジュワッと煮汁が広がって美味しいと思うのです。塩麹は白い素材が殊の外よく合います、鶏肉や豚肉、白身魚以外にじゃが芋や豆腐などの野菜系、更に消化もよくします。醤油麹も塩麹も作り方はとても簡単です、気に入りの醤油や粗塩で自家製調味料を作り置いて日常的に楽しんで下さい。発酵食を日々取り入れると腸が健やかになり、免疫力も上がって自然治癒力を高めます。付録には、豆腐と厚揚げのおかずベスト50が掲載されています

2020.1.01

ラジオ・JーWAVE 「step one」/薬膳・漢方・食薬

DSC08839

明けまして御目出度う御座います。本年も皆様にとって、健やかで幸多き年となるようお祈り申し上げます。
2020年・第1回目の1月のマンスリー講師としてお招き頂き、J-WAVE「STEP ONE」と言うヘルスケアが専門のコーナーでお話しさせて頂きます。内容は、身近な野菜や薬味で健康を整える薬膳の知恵。薬膳本来は大らかな思想から生まれたもので、東洋医学が元になっています。旬のものを食べる意味とは、食材の力をかりて体調を整え、自然治癒力を高める事。体調を崩した時に、適している食べ方を知るとあわてずに済みます。日本に昔から伝わる民間療法は日本風土にそって生まれた先人の尊い教え。これらを踏まえて体調をケアし、未病に役立つ知恵が薬膳・食薬です。
■オンエア日:2020年1月中の毎週火曜日・10時54分〜11時04分までの10分プログラム全4回です。本年もどうぞ宜しくお願い致します
      

2019.12.24

スープ・健康スープ・胃腸を整える・血流促進

DSC08610

今号のクロワッサン、1月10日号は「健康スープ」の特集です。(今夜はスープが主役です)の、一皿で大満足の主役になるスープ達をご紹介しています。胃腸を整え、血流を促進し、野菜がたっぷりでヘルシーです。白味噌の濃厚参鶏湯、あさりとレモンのスープ、発酵ミネストローネなど、身近な旬食材と発酵食、発酵調味料を組み合わせた消化の良いレシピです。その他、色々な国のスープや作り置き、アレンジスープ、おでんなども掲載されています。年末年始のお疲れ気味の胃袋もいたわってあげたいですね。

2019.11.10

大根・白菜・カブ・冬野菜・3分クッキング

DSC08123

大根、白菜、かぶは冬の白い代表野菜。酵素もビタミンも繊維も多くたっぷり頂きたいですね、和洋中いろいろな食べ方が掲載されています。
大根を煮るなら真ん中部分が柔らかく甘みがありおススメです、上の方はビタミンが多くシャキシャキしているのでサラダなどに良いですね、下の方は酵素が特に多く辛味があるのでおろしに向いています。大根おろしは胃もたれによいものですが、興奮状態を押さえたり、ストレスを感じだ時に気持ちを落ち着かせる効果も期待できます。
切り干し大根や沢庵を漬けるのもこの季節ならでは。葉をつけたまま丸1本、縦半割り、厚切りの輪切り、細切りにしたものなど大根を干します。
切り干し大根は干すことで水分量が減り、ギュッと甘みが増して旨味成分が凝縮し、調理法によってはパリパリとした食感も楽しめます。生の大根よりカルシウム、鉄分、ビタミンなどの栄養価が倍増するなど利点も多く、たくさん食べれることで食物繊維も豊富に摂取できます。切り干し大根の戻し汁は、旨味があるので精進出しとしても使用できますね、そのまま甘酢に浸せば、食感もよくダイエット効果も高まります。
養生三宝に入る大根や白菜、色々な調理法を楽しんで下さい。