井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

news

2018.7.09

野菜・乳酸キャベツ・乳酸発酵やさい漬け・宝島社・発売

IMG_1665

宝島社より新冊のお知らせです。飲むサラダ「乳酸発酵やさい漬け」は、乳酸キャベツに米のとぎ汁と酢を足した言わば韓国の水キムチです。米のとぎ汁を加えると乳酸菌がグッと増えるだけでなく、初めての人でも失敗なく作れます。トマト、きのこ、きゅうりなど4種を新冊ではご紹介しています。作り置くと便利、夏バテやダイエットにも有効、それぞれの野菜の効能も感じて下さい。
1日常温に置いた後は、ゆっくり冷蔵庫で発酵させるので安心です。1週間くらいして熟れた後のつけ汁は、さっぱりしていて乳酸菌もたっぷり、身体がスーっと喜ぶ感じがし、胃腸も整います。
調味料を少しだけ加えて、冷たい麺などにからめると食欲がない時にもオススメの一品に、スープまで是非いただいて下さい。

2018.7.08

レタスクラブ・簡単発酵食シリーズ・麹のおいしいおかず

IMG_1658

古くから日本の文化を支えてきた「味噌、醤油、酒、みりん」。日本食の美味しさと、日本人の健康をサポートしてきました。現在では、発酵の研究がすすみ、どうして美味しくなるのか、また体にどういいのかがわかってきました。発酵食を取り入れなければ、もったいない!「醤油麹、塩麹、甘酒」類もとびきりのパワーを持っています。この本は簡単に作れるおかずや甘物をご紹介しています。免疫力がアップする、美肌になるの近道です。

2018.7.07

3分クッキング7月号・夏野菜のおかず黄金ルール

IMG_3286

今月7月号は夏野菜特集。表紙を担当しています、食べやすく切り込みを入れて下味をつけた「きゅうりの肉巻き」ですが、きゅうりの漬物で作るのもおすすめです。
カボチャやナス、ピーマンなどの夏野菜をたっぷり使ったボリューム感あるお惣菜達をご紹介しています。夏野菜は水分が多く、身体の余分な熱をとり、利尿作用が高い野菜が多い。
ビタミンCや繊維も多いので紫外線が気になるこの季節、美肌美白ケアにも有効です。タンパク質と合わせると更に身体に摂取されやすくなりますよ。

第一三共ヘルスケア・7月健康美塾・発酵食

DSC09687 (1)

今月の健康美塾「からだと心のごちそう時間」では夏バテ、食欲不振などによい食材の効能とレシピをご紹介しています、食べものにはそれぞれ素晴らしい薬効があります、是非ごらんください。 
Vol.4
梅と甘酒ダレのごちそう素麺 &唐辛子醤油麹漬け

胃腸に良い野菜がたっぷりのそうめん、夏の季語にもなっている甘酒と一緒にパワーチャージしましょう。
梅のクエン酸で疲れをとり、しその良い香りで気の巡りを良くします。
合わせて、唐辛子の醤油麹漬けもご紹介します。発酵食の奥深い成分と旨味、辛味が鮮烈で元気になる常備菜です。
野菜や豆腐や和え物、ごはんのお供にどうぞ。

2018.6.13

フジテレビ・ノンストップ「朝食スタイルケア」CMインフォーマル

securedownload

扶桑社エッセさんとタイアップ、pokka sapporo × ESSE【朝食スタイルケア】「糖や脂肪が気になる人に朝食スタイルケア」朝、暖かいスープをいただくと血液循環がよくなり、カラダが温まるので交換神経がONになって目覚めがよくなり1日がスムースにスタートできますよ、ポッカサッポロさんから新発売。

2018.6.11

kadokawa・Heslth・むくみ解消おかず

IMG_1654

30周年を迎えた生活情報紙、健康シリーズです。医師監修のもと、テーマにあった数々の料理のご紹介です。見た目3割やせ!を目指したムック。旬野菜と香味野菜をたっぷり使って、タンパク質と上手に組み合わせたレシピ集です、しっかり食べて健康ボディーを目指しましょう。

2018.6.04

TV・NHKあさイチ・燻製ポテトチップス

新しくなった「あさイチ」さんに出演。それまではスタジオでイノッチや、コマちゃんとトークを交えての進行でしたが、今回はちょっと違ってオフィスでの収録。
深型フライパンを使用し、2品の料理を作りました。今の季節におすすめの酢を使った料理とクイック燻製をご紹介。アルミホイルをクロスにし、一握りの番茶とザラメを包んでフライパンに置く。
その上に編を置いてポテトチップをのせ4、5分燻製し、5分ほどそのまま置いて香りをつけるだけですが、ポテトチップスは開けたてを使ってもさらにパリパリになり、燻製香が後をひく美味しさになります。15年くらいに前にサントリーさんの「クオータリー」という小冊子でご紹介したレシピですが、今でも大好きな大人のポテトチップです。

2018.6.01

NHK「きょうの料理」60周年記念号

IMG_9539

NHK「きょうの料理」は、めでたく還暦を迎えました。
60年の「山あり谷あり、涙あり笑いあり」の歴史を、紐解いてみましょう!の楽しい企画ページには、昭和33年からのバックナンバーや講師陣たちが掲載されています。
中には私が初めて「きょうの料理」の表紙を飾った平成24年の「ザ・夏ごごはん」もあったりして
大事にとっておきたい5月号です。
創刊号復刻ノートが付録も付いていますよ。この号で私は「クライマック酢」のご紹介をしています、疲れがとれる調理しやすい甘酢です。

2018.5.20

Fermented food・ local cuisine

IMG_9182 のコピー 2

delicious japan 「Special Features」

IMG_8933

海外での和食人気は周知のことですが、さらに健康志向が世界的に高まっている中、日本の奥深い発酵食がフューチャーされています。
世界のあらゆる発酵食文化や郷土料理はそれぞれの土地に深く根ざし、先祖代々先人から受け継がれた知恵の集結。
健康効果が高い発酵食は、微生物や菌の働きによって食品を奥深い味わいに導き美味しくしてくれますが、このプロセスも大変興味ぶかく、面白いものです。
自然のサイクルが先手を打って、その土地土地に必要な食物を実らせ、それらをうまく活用したものは必然的に体をケアし健やかに過ごせる仕組みになっています。
昔ながらの作り方で育まれてきたものは本当に奥深い。
感謝の念を忘れず、しっかりと次世代につなげていきたいと思っています。

「受け継がれるには意味がある、奥深い発酵文化を次世代へ」

2018.5.19

東京ガス・幕張イベント・cookingデモストレーション

IMG_9056

東京ガス・幕張イベントステージでは沢山の方にご来場いただきまして有り難うございました。
汗ばむ季節なので、肝機能を高め、疲れをとり、腐敗効果の高い(ちらし寿司)と、グリルで魔法のように出来上がる(野菜のカリカリチップス)をデモストレーション形式の調理実習でご紹介させていただきました。これからの季節は雨季に入り、湿が溜まって体調不良になりがち。利尿作用があり回復力の高い食材などのお話しを交えて、アナウンサーさんと楽しく進行させていただきました。
バックヤードより〜