井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

四季のサイクルに合わせて食すことが、身体を健やかに導く手助けをしてくれます。
季節の食材とその由来や歴史、食にまつわるお話をご紹介します。

12/18

塩あそび・レモン塩・レモンソルトのペッパーステーキ

IMG_3188 2

日本のレモンの旬は冬です。果汁たっぷりの完熟レモンを使って、香りの調味料レモン塩を作りおくと便利(作りやすい分量は旬のレモン1個に大さじ3の粗塩、長期保存には多めの塩を加えます)。元気の出る食材にレモン塩を馴染ませると健康効果も上がってメリットがたくさん!爽やかな香りでリフレッシュもします。簡単ステーキです(ボリ袋に牛肉ステーキ肉2枚、レモン塩スライス1枚、オリーブオイルと酢を少々(好みでポン酢)加えて半日以上マリネする。フライパンを中火に熱し、そのまま肉をこんがり焼く)お家にある野菜と一緒に焼いて下さい、つぶしたてのブラックペッパーで仕上げて。マリネにするとレモンや酢の効果でかたいお肉も柔らかくなり、さっぱりした仕上がりになります、もちろん豚肉や鶏肉にしても美味しいのでお好みで。防腐効果も高く、お酒にも合うのでバーベキューやイベントに持ち寄っても。レモン塩を仕込んだ後は、烏賊の塩辛、櫻の塩漬け、梅干し等と四季折々の塩遊びが続きます。

12/17

小松菜(こまつな)・江戸野菜

小松菜の原産地は日本で、江戸時代から東京江戸川区の特産品。カルシュウム、ビタミン、鉄分、カロチン、食物繊維が豊富なので風邪予防、貧血予防の他、骨を丈夫にする作用があります。中医学では歯周病予防に良いとされていますよ、気になる方は沢山食して下さい。小松菜の美味しいお浸しのポイントは、鍋に水を入れ沸騰したら塩を加えて茎の方から茹でる。冷水にさっととり水気を絞り、醤油を全体にかけて下味(地あらい)をつけます。再度ギュとしぼって食べやすく切り器に盛り付けると、これだけでひと味もふた味も違います。ザクザク切ってオイルと塩をパラリとふり、強火で蒸し炒めにすると栄養も逃げにくい。小松菜はアクが少ないのでりんごやレモン、はちみつなどを加えたジュースにしてもバランスよく美味しくいただけます。

12/15

羊・ラム・マトン・冷え性・ダイエット

写真

寒い地方では羊肉をよく食しますね(特に北海道など)体を温める作用があるからです。疲れやすい人にもおすすめ。アミノ酸の一種で身体の脂肪を燃焼させるLカルニチンはダイエットに最適。ビタミンとミネラルも豊富なので、肌を潤し老化防止に役立ちます。たっぷりの野菜と一緒にいただきましょう、フライパンにもやし、せり、ピーマン、きゃべつなど食べやすく刻んだ野菜を入れ、タレに漬け込んだ薄切りのラム肉を置いてふたをし、中火で蒸し焼きにします。野菜でお肉が蒸されて柔らかくヘルシーにいただけますよ。

 

12/12

小鍋・鍋・なべ

securedownload-6

沢山のいろいろな種類の具材が入ったお鍋も美味しいですが、単純シンプルな(野菜とたんぱく質が1対1くらいの)常夜鍋などは素材が生きて味が濁らず、お互いを引き立てるのでそれぞれを深く味わえる醍醐味があります。甘みと香りのつよいチジレほうれん草をさっと茹で、豚しゃぶと合わせポン酢で、塩麹をもみ込んだ手羽とトロリと甘く煮える蕪との組み合わせ、あさりと薄切り大根は塩こぶで炊く、酒粕とタラと里芋も捨て難い、砂肝鍋は奮発して全てお酒だけで炊き、最後にさっと芹と合わせる(次の日にはグッとくる煮凝りができており、これまた美味しいのです!)大人ならではの楽しみがいっぱいの小鍋仕立て、一人鍋もぜひ楽しんで下さい「爆ラク!小鍋」主婦の友社よりポケットサイズで新発売

12/9

紅茶・冷え改善

発酵茶である紅茶は私の精神安定剤、特にアールグレイが好きなのですが、甘味を加えるならメイプルシロップがベスト、相性抜群ですよ。美味しい紅茶を入れるために水道水のお水を勢い良く出してヤカンに入れて熱する、こうすると、酵素の量が増えてお茶がグンと美味しくなります。基本的にミルクティーが冬の定番ですが、シナモンスティクは指先まで温める効能があり、クローブは胃腸を整え、削りたてのナツメグは若返りのスパイスとして有名、お腹にもよい生姜を加えたりと、それぞれの効能と香りを紅茶の種類に合わせて楽しんでいます。刻んだ紅茶葉、スパイス類、アーモンドプードル、たっぷりのよいバターを加えたアダルトなパウンドケーキを焼いて、ガーゼにくるむ。ダークラムやカルバトスなどを時玉ぬりながら熟成させています。クリスマスやお正月に一切れ一切れいただくのがホント〜に楽しみなのです。

12/6

白菜(はくさい)・白菜と鶏の煮込み

ビタミンCや繊維が多く、風邪予防、肌荒れ、便秘、二日酔いなどにも良いとされる白菜。葉がみずみずしく、黒い斑点が少ないものを選びましょう。体が潤う簡単レシピをご紹介します。コラーゲンたっぷりの鶏肉と白菜だけの煮込みですが、鶏の旨みと脂をとろりと煮えた白菜がまとい、白菜の甘みが鶏にからむ。厚手のお鍋に材料2つを放り込むだけなのに、慈悲深い味になります。鶏もも肉全体に塩麹か塩を馴染ませる(30分から一晩おく)。厚手の鍋にざく切りにした白菜芯部分をいれ、塩を馴染ませた鶏肉を上におき、全体にオリーブオイルか胡麻油大さじ3〜4をかけ、あれば胡椒ホールを10粒ほど入れる。フタをして弱火で30〜40分ほど時々様子をみながらゆっくり煮込むと、素材から凝縮した水分がでる。残ったら麺やおじやにを加え〆てもよいし、シチューやカレーに変身させても。

12/4

美肌・酵素(こうそ)・おがくず酵素風呂

写真

まず最初にとても甘い酵素液を飲む。そして針葉樹のオガクズを発熱性微生物と発酵液により自然発熱させた60℃付近の温風呂に入る。横たわりながらじわじわ蒸されるお風呂で感じた事は、いつも接している発酵食品はこれくらいの温度でゆっくり育っていくものが多いなぁということ。自身が蒸され体感したことで親近感を深く覚えました。その後の濃厚パックで確実に肌のキメが整い、顔を洗うときにはツルツルになって、色もパッと白くなっている。力強い植物エキスで作られるその効能との相乗効果の高さに驚きます。体への内と外からの良い仕組みを超特急で体感できる小樽の(大高酵素)本家さん!酵素液の甘味がもう少〜しだけ、控えめバージョンがあったら嬉しいなぁ。

 

 

12/2

 白味噌・豚汁 アンチエイジング

冬の味覚の集合体、休日にたっぷり作りおく具沢山の汁物。大根、にんじん、里芋、こんにゃく、豚肉、ねぎ、生姜など冷蔵庫にあるものをごま油で炒めて昆布出汁で煮る。白味噌は他の味噌と違ってコトコト煮た方が美味しいので、少しの田舎味噌を合わせて煮込んでいきます。短時間熟成の甘みがある白味噌は塩分濃度が6%と低く、乳酸菌も豊富、なめらかでコクがあり、夜いただくと寝つきが良くなりますよ。西京焼きなどはこの白味噌で作られており、少し脂ののった魚を漬けると絶品、お肉を漬けても香りよく柔らかになりますし。ぽってりした甘みなので砂糖を加えた生クリームとも相性が◎、デザートにもぜひ!

12/1

ふるふる茶碗蒸し(ちゃわんむし)

寒くなりましたね、今日はふるふる茶碗蒸しの作り方をご紹介。ここぞとばかり沢山の鰹ぶしを使って濃いめの出汁を360ccとります。粗塩3つまみ、みりん小さじ1、醤油小さじ1〜2をよくといた卵L2個分に加え混ぜ、耐熱の器に入れる。いつものように切り身魚やきのこなどお好みの具材でもよいのですが、究極シンプル大粒梅干し1、2個だけを入れてみて下さい、梅干しの塩気がほんのり全体に広がり実に慈悲深いお味、風邪時などにもお勧め。鍋に湯を沸かし器を入れ、布を巻いたふたをして雫が落ちないようにし、固まるまで弱火でゆっくり蒸します。胃にやさしくとても温まりますよ、出汁は味わい深いだけでなく、肌を綺麗にもします。

11/29

 春菊・口臭予防・自律神経

春菊の硬い部分を落とし、熱湯で茎の方から塩茹でしてさっと冷水にとりザルに上げる。醤油適宜をふって、ぎゅっと絞って4cm幅に切る。半すりにしたクルミやごま、蜂蜜、醤油少々を混ぜたものと茹でた春菊を和えます。以蔵保蔵と言って脳の形に似ているクルミは脳を活性化させる効能があり、良質な脂質は便秘解消にも有効です。春菊は胃腸の調子を整えて気の巡りをよくし、ビタミン、鉄分、カリウム、カロテンなどが豊富。不眠、よく夢を見る(多夢)、むくみ、貧血などの気になる症状がある方はたっぷりいただいて下さい。ペリルアルデヒドなどの独特の香り成分はイライラを静める効果も期待できます。