井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

四季のサイクルに合わせて食すことが、身体を健やかに導く手助けをしてくれます。
季節の食材とその由来や歴史、食にまつわるお話をご紹介します。

11/7

納豆(なっとう)・骨粗鬆症予防

納豆菌に含まれるビタミンk2は発酵食品の中でも特に骨を丈夫にする作用が強く、骨粗鬆症を予する効果が高い。納豆資質の50%をしめるリノール酸はコレストロールを低下させるので、動脈硬化、心臓病、高血圧の予防に効果があります。消化作用もある納豆、ごはんと食すと体に必要な必須アミノ酸をバランスよく吸収できます。

11/6

酒粕(さけかす)・美肌効果

コレストロール値を下げ、栄養価が高い発酵食品で食物繊維が豊富な酒粕。皮膚や粘膜を補う日ビタミンB2も多く含まれるので、粘膜をうるおすなど美肌効果が高いのも嬉しいですね。糖尿病、高血圧などへの効能があり、便秘解消にも有効。酒粕には板粕、バラ粕、練り粕などがありますが、熟成させた旨みのある練り粕は、使い安くて味が決まりやすいの調理しやすく美味しいです。NHK「シニアの元気・菌の力で美味しいレシピ」に酒粕のことやレシピものっています。板粕やバラ粕を使う場合は、少量の湯で使いやすくのばばしてから調理するとよいですね。白味噌との相性はコクがあって濃厚、体が本当に温まります。

 

 

11/5

ラム(子羊)・マトン(羊)・冷え性・ダイエット

羊、鹿肉は身体を温める効果があります、北海道や東北などの寒い地域ではラムやマトン料理をよく食すのは理にかなっていますね。その他、ラムにはLカルニチンという脂肪燃焼効果があり、低脂肪低カロリーなので体内に栄養分や脂肪分を溜め込もうとするこの季節やダイエットにぴったり。年末に向けて、ラムチョップなどお手頃価格で出回り始めます、鉄分やビタミンなども多いので貧血予防にも有効、女子会などにもお勧めです。表面をこんがり焼いて塩、胡椒でも十分ですが、ミントソースや、ふんわり削ったホースラディッシュを雪のように添えるのもお勧めです。

10/26

しらす・しらすおむすび

写真

しらす干しにはリジンという体の成長を促進する効能が含まれています、成長期のお子さんには特にお勧めですよ。エラスチンと言う成分は肌に弾力を与えますし、酢と一緒にとると、カルシュウムもさらに摂取しやすくなります。オムレツ、お浸し、パスタ、チーズと合わせてパンやピザなどに。バリエーションを増やして日々食し、たるみの予防をしましょう。しらすが入った炊きたての銀シャリおにぎりは最高、私にとって1、2を争う好きな具材でもあります。絶対にしらすをたっぷりがお約束、そうでなくては意味がありません。お米を引き立てる苦味の少ない粗塩と、お気に入りのすりごまをほんのり効かせる。お米はお結びの為にブレンドされたこだわり米、絶妙な加減でふんわり握られ、海苔はいただく直前におのおのが巻いて食し、好みの量の追いしらすで!撮影ランチでいただいた本日の「三角や」さんの和歌山県産のしらすお結び、午後から力がでました日本のファーストフードは偉大です。

10/23

蜜柑(みかん)・美容食・乾燥・美肌・保水力・人参ドレッシング

写真

乾燥するこの季節。外からの潤いも大切ですが、やはり体内から潤さなければハリやツヤは生まれませんね。毛穴が目立って気になる方にもおすすめのサラダのご紹介です。何より大事な保水力を上げるには、ビタミンC、コラーゲン、カロチンの組み合わせ。プラス肺機能と胃腸の働きを良くすることが大切です。食べやすく切った鶏もも肉とキャベツを鍋かフライパンに入れ塩、こしょうをふり、オリーブオイルを回しかけて中弱火で蒸し煮にし、温かく柔らかいサラダにする。おろしたてのにんじん大さじ2、オリーブオイル大さじ1半、しぼりたてのみかん果汁1個分、粗塩、こしょうを混ぜだドレッシングなどをかけていただきます、簡単なようで最上の組み合わせですよ、キャベツは便通も良くします。白木耳(銀耳)を茹でたものなどを加えるとさらに効果はアップします、漢方では「貴婦人の美容食」とされているくらいです。私は庭のみかんやすだちの採りたてをギュッと絞るのですが、ビタミンCはストレスも飛ばしますよ、イライラが多い肝鬱気滞の方などにも、爽やかな香りは心身によいのでお勧めです。

10/17

白菜(はくさい)・ホワイトシチュー・味噌・菌運ごはん

温かくヘルシーで、食べ応えのあるシチューはいかがでしょう。まず3、4枚分の白菜の芯と緑の葉の部分を切り分けざく切りに、にんにく1かけ分はスライス、鶏もも肉1枚分を食べやすく切る。フライパンにオリーブオイルかごま油大さじ1を熱し、にんにくと鶏肉を入れ色が変わったら白菜の白い部分だけを加えてしんなりするまで炒め塩、胡椒する。豆乳2カップと白みそ(みそ)大さじ1〜2を入れて煮立て、残りの白菜を加え中弱火で3〜5分ほど煮込む。白菜の芯は炒めると、とろりとして甘みが増すのですが、この一手間でグンとコクがでて美味しくなります。最後に大さじ1の葛を少々の水で溶いて加えとろみをつける。鶏肉の代わりに牡蠣を加えると精神を安定させる効果が高まり、更年期障害のイライラや落ち込みを改善します。その他白菜は胃腸を整え、お酒の解毒効果があるので二日酔いやむくみに有効、朝のお味噌汁などにもいいですね。ビタミンCや繊維も多く便通も良くしますよ、発酵食品の味噌と同じ大豆の豆乳を合わせると、特に女性の健康維持にかかせないイソフラボン(味噌にも豆乳にも多く含まれている)のダブル効果で、骨量もふやす菌運ごはんになります。

 

10/13

フレンチローズ・にんにく・黒にんにく・菌運ごはん

写真 7

薬味は薬という字を書きますが、にんにく、生姜、ねぎ、しそなどはだいたい香りが強い。ハーブやスパイスもそうですが、薬効が非常に高いのです。掘り立てのにんにくを、薄くスライスして醤油をまとわせたにんにくのお刺身はとても美味しいですよ、匂いや味はそのままですが、1、2日以内なら辛味も立ちません旬の楽しみです。にんにくはとても抗酸化作用が強く、ガン細胞を抑制する効果なども高い素晴らしい野菜。ですがその成分が強い分、食べ過ぎると胃を傷つけたりお腹をこわしたりすることがあります。加熱すると多少の効力は落ちますが、なくなる訳ではありませんし、甘みも増しますので加熱した方が美味しくいただけます。にんにくの糖度は意外に高く、発酵させた黒にんにくは凝縮され、匂いも抜けて煮詰めたプルーンのよう。私が普段使用しているにんにくは石狩の畑(プリムール北海道)さんで作られる「フレンチローズ」。加熱するとより美味しさを発揮し。旨味の強さを感じます(菌や発酵食品と合わせるとさらに元気UP)。皮をむいた時の美しいローズ色にもテンションが上がります!畑は自然栽培無農薬、お手伝いに行って土から元気をもらい、摘み食いも楽しむ。人気のプリムトマトについてはフェイスブック「NEW井澤由美子食薬ごはん」にのせています。

 

 

 

 

10/12

ヨーグルト・菌・発酵食品・菌運ごはん

写真

ヨーグルトの歴史はとても古く、なんと約7千年ほど前から食されいたようです。古代から体に良いと判っていたのですね。腸内の善玉菌を助け、体に有害な悪玉菌を殺す作用があるなど腸内環境を整えるヨーグルト。動物性の乳酸菌は胃酸によって死滅してしまうことも多いのですが、死んでしまっても効果がなくなるわけではなく、整腸作用を助けて腸の動きをサポートします。ヨーグルトは牛乳に含まれているタンパク質やカルシュウムなどを、発酵の力にによって体に吸収しやすい状態にしています。最近では用途に合わせてお腹に届く、いろいろな菌のヨーグルトが開発されていますね。どちらにしてもヨーグルトは食後にいただきましょう、胃酸によって死滅することが少なくなるので効果を発揮しやすいからです。いろいろ試してみて(1、2週間)、体が心地よく感じられたら、運命のヨーグルトに出会えたのかもしれません。私は無糖ヨーグルトにクコの実を2日間ほど入れて食します、クコの実が干される前の状態に戻って柔らかく消化もよくなります。それから白味噌と合わせてふんわりディップにすると和とも洋とも言えない感じ、美味しく楽しい。

10/7

納豆(なっとう)・菌運ごはん

寒くなりましたね。納豆に含まれる酵素が血行を促進し、冷えも改善してくれる優れた発酵食品。カロチンが多い野菜やリコピンが多いトマト、とろみのあるめかぶや山芋などと合わせていただくと、お肌への潤い効果がさらに期待できます。私は粗塩と酢を加えてサラダのようにいただきますが、じゃこやしらすなどを加えるとカルシュウムが体に吸収されやすくなります。先日個人タクシーさんにのったら、だいぶ高齢の元気なおばぁちゃま、楽しくなって色々お話していたら物凄く肌がキレイ。何を食されていますか?の質問の答えは、納豆が大好きで毎日6パックくらい頂くそう、きっと体に合うのですね。自分の体が喜ぶ菌や発酵食を見つけられたら美肌への早道です。納豆は夜食し、お腹に菌を止めるとさらなる効果が期待できます。

9/25

味噌(みそ)・味噌だし

写真

味噌は大豆、麦、米などを蒸して、麹や塩を混ぜて発酵させたなくてはならない日本古来の伝統調味料。味噌だけで沢山の栄養価や効能、効果があります。厚切りの鰹節で出汁をとり、好みの味噌を溶いて椀に注ぐ。香りも、のど越しも邪魔するものは何もない。ただみそ椀を楽しむ、そういう時もあって良いと思う。温かいものをいただくだけで、脾や胃や脳が緩やかに動きだすのを感じます。慈悲深さをゆっくり堪能する一時は、心も穏やかになっていくようです。