井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

四季のサイクルに合わせて食すことが、身体を健やかに導く手助けをしてくれます。
季節の食材とその由来や歴史、食にまつわるお話をご紹介します。

7/27

牛乳(ミルク)・WILD MILK

写真

大きな声で話しかけてみたら、皆んなでのそりと寄ってきた。自由に広々とした牧場でそれぞれがゆったり過ごしている。夏真っ盛りの北海道、青々とした草をたっぷり食す牛達。食べる草によって、牛乳の色と風味が変わるそう。フタの裏に、生クリームがつくほど濃くて甘味がある。香りがプンとして、喉を通りすがるなめらかなミルクは、濃厚だけれど品がよく、なぜかスッキリしている。ゴクゴク飲める少し小さめのビンに入った冷たいこのミルクは、毎日飲みたいくらい上質だった。

7/26

パン

写真

毎年訪れる蘭島の岬のてっぺんにあるAiguse Vives(エグ・ヴィヴ)さん。良質な水と天然酵母で作られたどっしりとした重いパン達は噛むとどれも味わい深く力強い。上質なチョコレート、フルーツ、ナッツなどを使った素敵なお菓子も焼いている。バターが香るクロワッサンに関しては、口溶けがよくてビックリする。本物のクロワッサンはただサクサクしているだけではないと言った、ジョエル・ロブションさんのコメントを想いだした。料理はお皿の中に自分がでる、パンも作った人に似ると思う。私は、ここのパンのファンです。

7/25

鶏の唐揚げ・半身揚げ

写真

鶏好きで唐揚げが大好きです。普段はレモン塩の皮とエッセンスをモモ肉によくなじませた塩唐揚げか、醤油におろし生姜、潰しにんにく、みりんをほんの少し加えてもみ込んだスタンダードもリクエストが多いのでよく作ります。調味料を馴染ませた後に小麦粉をもみこみ、揚げるすんぜんに片栗粉をたっぷりまぶす。色ついてから2、3回空気に触れさせる事もカラリと揚げるポイント。骨つき鶏の半身に、調味料を2日間くらいしっかり馴染ませて一晩干したものをじっくり揚げてもパリッとジューシーに揚がります。小樽に来たら、いつもテイクアウトするナルトさんの熱々半身揚げは、唐揚げ好きにお勧めですよ。

7/24

雲丹(うに)・天売島(てうりとう)

写真

ウニの種類はムラサキウニ、アカウニ、バフンウニなどがあり、約2500年前から食されているそう。葉酸がたっぷりで鉄分も豊富、乾燥肌も潤す効果があります。アリストテレス(古代ギリシャの哲学者)はウニの口器を見てランタンのようだと言ったので、アリストテレスのランタンと伝われており、このランタンが日本の提灯に変わったとか。とりたてのウニの殻を半分に割ってスプーンですくう。コクのある甘いウニをいただいた後は、宿のお父さん(漁師さん)おすすめの焼きウニにする。合わせるのは、日本酒をツブ貝に入れた出汁の効いた熱燗。青くて広い空と通り道に広がるラピュタのような草花、コバルトブルー&グリーンの透き通った海など感動の嵐。それと、最高だった天売島・栄丸さんの海鮮炭火焼とムラサキウニとお宿のお母さんのチャーミングな笑顔!

7/23

サヤ大根・大根の実

写真

サヤ大根は、花が終わった後に出来る実の部分。ルッコラなどのアブラナ科系のものは同じようにサヤに種ができ、食べるとルッコラの味がするそうです。畑でポンと口に入れたサヤ大根は、柔らかくて少し辛味があって大根の味がほんのりしました。サヤはそのまま生でつまんだり、サラダなどで堪能できます。スープに浮かべたり、さっと茹でたり炒めてもいいですね。

7/20

木苺(きいちご・ラズベリー)・ハスカップ・カラント

写真

フランス語ではフランボワーズと呼ばれる木いちごはバラ科です。可愛らしい見た目と鮮かな色、甘酸っぱさがフランスのお菓子やソースには欠かせませんね。少し酸味のある小粒の木いちごや、カラントなどが通りすがりの山中の道の駅などで売っている北海道。東京では外国産のものを撮影などで使用するコトが多いのですが、国産はあんまり見かけないので嬉しい、くどくなくてフレッシュでいいなぁと思います。上質のカヴァやシャンパーニュに浮かべて直ぐに素敵な旅先ミニ宴会。ビタミンCたっぷり、女子力もアップしますよ〜

7/19

行者にんにく(アイヌネギ・ヒトビロ・キトピロ)

写真

行者にんにくは山菜で、花が咲いて食べ頃になるまで5〜7年ほどの長い期間がかかります。にんにく、ニラ、玉ねぎと同じユリ科のネギ属多年草で、北海道天然ものは3月〜6月頃が旬となり希少な特産品です。アイヌの人達は春に採集し、乾燥させて保存することもあるそうです。昨日食した鮭や鹿のオハウ(野菜と煮たスープ)にも入っていました。私は少し食感を残すように茹でて、食べやすく切り、醤油漬けするのが好きです、冷蔵庫で長く保存できますよ。アリシンを多く含み、抗菌作用が高いので元気になります。

 

 

7/17

鱈場蟹(タラバガニ)

写真

食べ応えのあるタラバガニ、カニと言いますが実はヤドカリの一種。太い足は8本、大きいものは1メートル以上にもなるとか。北海道沿岸、オホーツク海、日本海、ベーリング海などに分布している。タラバガニはタラ漁の網に入って来るカニ、つまり鱈(タラ)のとれる場に居るカニなので、タラバガニと言うんですって!知らなかった〜です、小樽の運転手さんから伺いました。亜鉛やビタミンB1、タウリンも含まれています、高タンパク低カロリーダイエットにも向いているかもですね。

7/15

ドライカレー

キーマカレーのキーマはひき肉の意味です。インドでは宗教上の理由から豚や牛ではなく、マトンや鶏が主流。水分が多少多目ですが、日本のドライカレーの原型とされています。明治時代に日本人コックがヨーロッパ航路の客船で考案したそう。炒め煮なのでルーは使わず、カレー粉とお家にあるスパイスで短時間で出来ますよ。ひき肉、カレースパイス、玉ねぎを炒め、夏野菜のピーマン、トマト、ナス、ししとう、とうもろこし、インゲンなどを刻んで自由に。野菜をいろいろ入れるとカラフルで栄養バランスもUP、子供も喜ぶカレーになります。ドライフルーツやスライスアーモンドをちらすと大人向に。

7/11

アロエ

アロエの語源は苦いと言う意味の(アロッホ)アラビア語から来ています。昔からの民間療法で火傷や蜂刺され、胃腸薬にも有効。医者いらずと言われるアロエは古代エジプトの壁画にも書かれており、当時から薬として使用されていました。便秘改善効果もあるので、ヨーグルトと合わせると美肌効果倍増、市販品もありますね。外からのケアにも優れ、くすみ改善や保湿効果もあるそう。乾燥につよく、日当たりのよい場所なら手間いらずで育つようなので、その恩恵にあずかる為に育ててみようかなぁと思うこの頃です。