井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

四季のサイクルに合わせて食すことが、身体を健やかに導く手助けをしてくれます。
季節の食材とその由来や歴史、食にまつわるお話をご紹介します。

6/24

私の朝活美味しいスタイル・もち米の参鶏湯粥

温度の気温変化や湿気による湿(水滞)の影響で体調を崩しやすくなるせいか、この頃は下痢気味の方に遭遇します。脾気虚気味になっているので消化吸収がよく、脾胃の調子を整え、エネルギーの高いもち米で気力体力の回復を目指しましょう。もち米適宜は洗って水に浸しておく、骨つき鳥もも肉1本に粗塩を全体にすり込む、あればしょうがの薄切りやねぎ、かぶ、だいこん、粒こしょうを加えてたっぷりの水と酒少々を加え、クツクツと火にかけて参鶏湯粥風を作る。鶏の骨から旨みや脂が滲みでて、コラーゲンもたっぷり、野菜からは甘みがでます。一口いただくと胃が温まってスルスルとお腹におさまる、気分が落ち込み気味な方は山芋を加えてみてください。

6/22

私の朝活おいしいスタイル・初夏のスープ・オクラ

まだ少し寒い日もあるし、暑い日もある、夜風が気持ちよい日もある。そんな混合した時期には、繊維たっぷりの食べるスープがオススメです。夏野菜は水分が多く身体の余分な熱をとるものが多いので、生姜やにんにく、スパイスと合わせていただきましょう。このころの野菜は火が通りやすくさっとできるのも魅力。頃合いよく火を通した(ここが大切)湯むきトマトやズッキーニ、インゲン、とうもろこし、オクラなど。暖かくても冷たくても美味しいスープになり、沢山野菜が食せて元気をもらえます。今朝はオクラのスープにしました、胃に良いだけでなく、タンパク質の肉や魚など一緒に加えて煮ると良いですね。

5/30

草の中のアスパラ・免疫力・vol・1

写真

北海道からアスパラが届きました。農家さんによって味が違いますよ、道産だからといってまったく同じではありません。アスパラの下の方の皮を剥いて、生で食してみるとそれがよくわかります。農薬や有機肥料さえも使わない、自然の連鎖だけの栄養分で育った赤井川いわもと農園さんの貴重なアスパラ。少し細身で穂先はうっすら紫色、とても甘くてあぁ美味しいなぁと感じます。アスパラに含まれるアスパラギン酸は滋養強壮に富み、その生命エネルギーが体を奥深く潤す。一本足のものは(椎茸やブロッコリー等もそう)抗がん作用など、特に体によい野菜とされています。

5/17

山芋・長芋・糖尿病予防

今日は朝から雨降り、少し気温が低く感じられますね。二十四節気(季節の気候や自然の境目、変化を表したもの)のこの頃は、走りの梅雨とも言われ、麦の穂が成長するなど、穀物や植物が天地に伸びる小満(しょうまん)です。少し肌寒いこんな日は温かい椀ものと簡単で滋養のあるものを食したい。ちょうど昨日、道の駅で購入したみずみずしい春大根と山芋があるので、大根たっぷりの豚汁と、とろろごはんにします。山芋には、血糖値を下げる効能があるので糖尿病や成人病予防に特にお勧めの。ぬめりが滋養強壮効果を高めるので、おろしてとろろ汁にするとより身体に吸収されやすくなります、味噌や梅(豚汁の汁気でも)と溶くとお味も栄養価も上がりますよ。身体がちょっと疲れた時、胃の調子が悪い時、元気になりたい時にも。温かい具沢山の汁ものと合わせていただくとホッとしますよ。

5/10

春キャベツ

DSC04364

みずみずしく柔らかで甘い春キャベツがたっぷり。ニラやもやしも入って山のようにつまれた野菜の上に、甘辛いタレに漬け込んだラムがのったジンギスカン、連休中の一コマです。この後、釣った魚をさばいて煮付けたり、クレープを焼いたりと船上でもプレートは本当に便利でした。ミニパーティーなので、お酒の出る幕も多いのですが、キャベツはキャベジンという薬の名になるほど胃腸の働きを活発にし、胃粘膜を整え、消化不良を改善する効果があります。ヨーロッパの昔の王族は酒宴前に必ずキャベツのスープをのんでいたとか。飲みすぎ食べすぎが予想される宴会の、救世主的な野菜なのです。中医学では腎機能を回復させる効能があるとされ、アンチエイジングや老化防止にも◎。

4/27

シトラス・柑橘類(かんきつるい)・紅茶のデザート

春はイチゴやシトラス(ミカン系・オレンジ・グレープフルーツ)の季節。暖かくなってバラが咲き乱れるこの頃、良い香りが漂って、少し汗ばむようになってきましたね。そんな日にピッタリな私の最近のお気に入りデザートをご紹介します。紅茶が大好きなのですが、その中でもbergamot(ベルガモット)が気分をいつも落ち着かせてくれます。この香る紅茶に甘みを足して冷やし、お好きな柑橘類をひたして1時間以上おいたもの(お好みでtiffin(ティフィン)紅茶のリキュールやライチリキュールを垂らしても)、フルーツのジューシーさが溶け合いとても爽やか、ビタミンCもたっぷりです。それから紅茶のおぜんざい(小豆は少し歯ごたえを残す)もよく冷やしていただく、お勧めですよ。

 

4/26

発酵食・味噌(みそ)

お味噌汁を毎日いただくようにしています、朝食に温かいものをいただいて胃を温めると1日の調子が良くなりますよ。味噌に含まれるサポニンと出汁は老化防止に役立ち、肌をきれいにします。カルシュウムとイソフラボンも豊富、骨を丈夫にする効果があるので相乗効果の上がる食材と日々料理して、体に吸収させましょう。科学的にも検証されているガン細胞を抑制する効果も頼もしい。気分によって具材に火が通ったら最後に味噌をとき入れて煮えばなの熱々をいただくこともありますが、普段は火を止めて一呼吸おいてから手際よく味噌をといていただきます。そうすると50度以上で死んでしまう乳酸菌が死滅しにくくなりますね

4/20

発酵食・漬物(つけもの)・糠漬け(ぬかつけ)

写真

その土地土地で育まれて来た野菜を、熟成させた発酵食のお漬物。郷土食豊で地方に行くと多種多様、先祖代々の知識や手法がぎっしり、まさに食は文化をてっとり早く実感できますね。先日素敵な糠(ぬか)をいただきました。鍋に水3カップの水と粗塩70gを入れ溶かし冷ます、ホーローなどの密封容器に500gのぬかを入れ、塩水を少ずつ柔らかく(ぬかどこらしく)なるまで加えてよく手で馴染ませる。赤唐辛子2本、角切り昆布3㎝角2枚、あれば実山椒や生姜、粉辛子などを好みで加え混ぜ、くず野菜を入れ3日たったら、野菜をかえて更に3〜5日ほど発酵させる。きゅうり等、軽く塩もみしてから本漬けします。朝晩かき混ぜるのが理想ですが、最低でも1日1回は混ぜる、容器のフチについたぬかはキレイにふきとり、表面は平らにならして保存するとカビが生えにくくなります。

4/15

海藻・塩蔵わかめ

写真 4

まだまだ寒い北海道の海から採りたての海藻がたくさん届きました。茎まで(めかぶ)ふんわりしたわかめや、地方でしかいただけない細目昆布、銀杏草など珍しい海藻も数種類。わかめは茎と柔らかい部分をわけ、茎の部分を先に塩茹でします。柔らかい部分も色は変わるが、茹ですぎないように火をいれ水で〆て水気をきります。涼しい場所でたっぷりの塩を全体になじませ重をして1、2晩おく。水分を捨てて水気をさらにきっちりきり、清潔な密封容器や袋にいれたっぷりの塩をまぶして塩蔵します。冷凍しても良いのでしょうが、大切に塩蔵するとふっくら柔らかく戻って美味しいと思うのです。

 

4/3

発酵食・納豆(なっとう)

発酵食品代表格の納豆。たんぱく質や食物繊維が豊富な大豆に納豆菌を吹きかけて発酵させたものが納豆です。納豆菌が大豆に含まれるたんぱく質を分解することで、アミノ酸がうまみの元になり、ふっくら柔らかくなります。骨量を増やすイソフラボン、ビタミンBなど豊富、カルシュウムも吸収しやすくし、血圧も下げます。腸内の環境を整える効果が高い納豆は朝食のイメージがありますが、夜に食すと効果がありますよ。納豆おやつレシピをご紹介(食パンにスライスチーズ、辛子と付属のタレ、古付けやきゅうりのきゅうちゃんなど濃い味の漬物を混ぜた納豆をのせてトーストする)だまされたと思ってお試し下さい。