井澤由美子の食薬ごはん Yumiko Izawa

食薬ごよみ

四季のサイクルに合わせて食すことが、身体を健やかに導く手助けをしてくれます。
季節の食材とその由来や歴史、食にまつわるお話をご紹介します。

7/23

カレー・カシミールカレー

本屋さんでカレー特集が目立ちますね、ついつい立ち読みなどして、食べたくなってしまいます。大好きな市販のカレーに、1度たべたら忘れられない辛さのカシミールカレー(デリー)があります。サラサラタイプで具は入っていせん。この茶色い箱がキッチンにないと落ち着かないほどの中毒で、気分をスカッとさせたい時などこれでクイックカレーを作ります。冬瓜やナスを出汁で煮ておいて冷やしておきます、玄米にこの野菜をおいてカシミールカレーをかけるだけですが、かなりスパイシーなので出汁をたっぷり含んだ冷たい野菜を口に入れるとちょうどよくなる仕組み。このカレー、なぜか納豆と海苔、卵黄のせなど和風にも合う。スパイスの独特の香りは気の巡りをよくし、その働きは胃液の分泌をよくし、消化不良を改善します。

7/22

莢隠元(さやいんげん)

いんげん豆の若いさやで、原産は中南米です。ヨーロッパ経由で中国から伝わったそうで、高僧の隠元僧侶によって伝えられたのでこの名がついたとされています。三度豆とも呼ばれ(主に関西)、1年に数回収穫できます。購入したらできるだけ早く調理して、味と栄養価を逃さないようにしまょう。ビタミンB群やBカロチンが豊富、腎機能を活性化して身体の湿気を取り除きます。太目のさやいんげんはたまに筋がありますが、近頃のいんげんは端の硬い部分を落とすだけでOk。沸騰した湯で、いつもより心もち塩を多めに入れて好みの加減に茹でます。
いんげんに似ている(ささげ)を初めてみたのは北海道、南米では幸福を呼ぶ食物としてお正月に食される野菜です。

7/21

かき氷

DSC05782

店頭に「頭が痛くならないかき氷」と書いてある。キーンとするような痛みが出ないという意味ですよね?半信半疑でいただいいてみるとホントに痛くならない!ふんわりとして口にいれてもスッと溶けるので冷た過ぎない。脳が危険を感じてシグナルをだすのですが(これがキーンと感じる痛み)きっと優しい口当たりなので脳がびっくりしないのでしょうね。
生姜を濃厚な香りよいシロップにして、程よいとろみと甘さの生姜練乳をたっぷりかけたかき氷。何気ないけれど、奥深い島のお母さんの愛がいっぱいです。台湾で、おやつに冷やしたトマトをいただいた時、添えられていた黒糖と生姜を混ぜ合わせたものを思い出しました。トマトは身体の余分な熱をとる効能があるのですが、冷やし過ぎないようにとの配慮からでしょう。食は身体も作るけれど、心の優しさも育んでくれます。

7/20

にんにく・黒にんにく・抗酸化作用

LRG_DSC02041

黒にんにくは、白いにんにくを熟成させ発酵させたもの。抗酸化作用が高くなり、もともとパワーが強いにんにくがさらに高い効能になったものです。特有の強いニンニク臭が抜け、プルーンのように甘く、優しい味になり、微かな酸味がとても食べやすい。皮をむいてそのままいただきますが、スプーンでも簡単にペースト状になるくらい柔らかいので、マヨネーズやマスタード、バターとまぜてパンにぬったり、お肉などのソース、焼肉の下味つけ、醤油を使った煮物にポンと加えても。
体調を崩しそうになったり、喉に痛みを覚えた時など直ぐに口に入れてケアします。
作り方も簡単、普段使わない炊飯器などがあれば保温に設定し、皮付きにんにくを入れ、釜にあたらにように紙などをかぶせて10〜15日間入れておくだけです。

7/19

トウモロコシ・コーン・ヤングコーン

写真

トウモロコシや枝豆は採りたてが美味、ひげ根と一緒に茹でるのが美味しさのコツです。
子供の頃は、ヤングコーンやホワイトアスパラガスはビン詰やカン詰などに入った保存食でした。
今はフレッシュなものが手に入るようになって、食感や香りも楽しめますね。
繊維が豊富で調整作用も抜群、ヤングコーンのひげ根は栄養価があり甘くて柔らかいのでさっと下茹でして食べやすく切り、普段のお料理に加えても。葉酸を含む量は野菜の中でもトップクラスです。
トウモロコシは利尿作用があり、むくみにも有効です。むきたてを香りと共に塩でシンプルにいただいてももいいし、バター醤油でこんがり焼いても。

7/18

桃(もも)・桃仁(とうにん)

写真

桃には白桃と黄桃があります。新鮮な桃は水でうぶ毛を洗い、皮ごと食べるのだと山梨の友達から初めて聞いた時はびっくりしました。桃は完熟した柔らかい果物としかそれまで認識していなかったからです。写真のももは硬いタイプで、切ると白い果肉に紅色がなんとも美しい。しゃりしゃりと食しますが、フルーツビネガーでやさしく漬けたピクルスにしても美味しそうです。桃の葉は日本でも民間療法であせもや湿疹、神経痛などに効く入浴剤になっていますね。中国では邪気を払い長寿の果物とされ、つぼみや花は漢方の生薬(白桃花)、むくみや無月経などに使用されます。種は(桃仁)と呼ばれ血行を良くし、下腹部痛、更年期障害などに有効で(桂枝茯苓丸)の主成分でもあります。

7/17

ドライカレー

キーマカレーのキーマとはひき肉の意味です。インドでは宗教上の理由から豚や牛ではなく、マトンや鶏が主流。水分が多少多目ですが、日本のドライカレーの原型とされています。ドライカレーは明治時代に日本人コックがヨーロッパ航路の客船で考案したそう。炒め煮なのでルーは使わず、カレー粉とお家にあるスパイスで短時間で出来ますね。ひき肉、カレースパイス、玉ねぎを炒め、夏野菜のピーマン、トマト、ナス、ししとう、とうもろこし、インゲンなどを刻んで自由に。野菜をいろいろ入れるとカラフルで栄養バランスもUP、子供も喜ぶカレーになります。
スパイスは胃腸の調子を整え、代謝をよくし免疫力を高めます。ドライフルーツやスライスアーモンドをちらすと大人向に。

7/15

北海道仁木町・アイコのトマトジュース

DSC06457

糖度が9度以上あるんです。トマトの名前「アイコ」は、少し細長いプラム型をしたミニトマトで、北海道の畑に行くとよく見かけます。その中でも仁木町は一大生産地として知られており、小さいけれどそのパワーは高く、普通のトマトの約2倍ものリコピンを含み、ビタミン、ミネラルもとても豊富。肝機能を高め、赤い成分のリコピンは高い抗酸化作用があり、老化防止、抗がん作用があります。農園のトマトジュースを頂いてそのお味にビックリ!夏バテにもよさそう。トマトは他の野菜に比べて旨味も強い、とろみもあるこのジュースを半分凍らせて、おろし生姜やすりごま、自家製のめんつゆを混ぜ、おそうめんタレを作ったら美味しそう。「氷とまとそうめん」って、熱い時にはそそられます。

7/14

素麺(そうめん)・冷やし麺

素麺はもともと中国の索餅(さくべい・小麦粉などを練って縄状にしたもの)が由来。中国の古事から伝説になり、江戸時代から無病息災を祈って七夕にいただく風習も広まりました。実際、暑い日には食欲も落ち込みますが冷たく食べやすい素麺はスルスルと喉を通りやすい、タンパク質と合わせれば夏バテ防止になります。梅干しを漬けた方はぜひ出汁に梅酢を加えて下さい、クエン酸が元気を作ります。蒸し鶏、甘辛く煮付けたおあげ、野菜のお浸し、薄焼き卵等を細切りにしたものなど好みで添えて。
薬味は薬の味と書きますね、ねぎ、みょうが、にんにく、しょうが、しそ、三つ葉、ゴマなどそれぞれ薬効があるのでたっぷり添えてください、夏バテ防止になります。休日のそうめんパーティなんて涼しげで楽しそうです。

7/13

玉蜀黍(とうもろこし・とうきび)・とうもろこしの冷たい昆布スープ

とうもろこしは米、麦に並ぶ世界3大穀物。糖分が高いので、エネルギーの補給源にもなります。購入したら栄養価が急速に下がるので直ぐに調理しましょう。毎年、生のトウモロコシを炊き込みごはんにしたりかき揚げにするのが楽しみ、甘みを生かしたすっきりとした和風スープもいいものです。作り方は昆布を水につけておき、ここにとうもろこしの芯と玉ねぎを入れて弱火にかけてフタをし、20分ほどゆっくり煮る。とうもろこしの粒を入れ、好みの加減に煮たらハンドミキサーで撹拌し、白みそを溶き入れる。冷たく冷やすと夏に楽しむ冷製コーンスープになりますが、温かくても美味しいものです。とうもろこしは利尿作用が高く、繊維が多いので便秘やむくみを改善します。
明日はとうもろこしの炊き込みごはんのご紹介です。