2015.6.28

写真

金目鯛は主に太平洋側で水揚げされる事が多く、伊豆下田が有名です。旬は冬(12月〜2月)のイメージがありますが、この時期の産卵直前(初夏〜秋)に脂がもっとものると言われています。しかし通年等してパサつく魚ではないので煮付けや、お刺身、脂が多いのでしゃぶしゃぶなどでも楽しめます。店頭で見かける金目鯛は全体が鮮やかな赤ですが、泳いでいる時は背中の方だけが赤いのも特徴。底釣りを楽しめる遊漁船も下田にはあり、釣れたてとの色の比較も楽しいものですよ。