2020.9.04

モロヘイヤカレー・スパイスカレー・薬膳カレー・モロヘイヤ・王様の野菜・夏バテ防止

エジプト原産のモロヘイヤは、栄養価の高さと語源により「王様の野菜」と呼ばれています。抗酸化作用が高く、豊富なビタミン類は葉野菜の中でもトップクラス。美肌効果もあるのでエイジングケアにもお勧め、かのクレオパトラも愛食していたそうです。
薬膳では、体内の水分を調節する(津液)を補う野菜とされています、陽が盛んで疲労する日には特にお勧めの野菜となります。
今日のような猛暑日の夏バテ防止に役立つ酢の物ですが、モロヘイヤと合わせると疲労回復効果が高まります。モロヘイヤを茹でて水気をよく絞り、叩くように細かく刻んで粘りを出し、酢浸しにしてタッパーにたっぷり冷やしておきます。いただく時におろし生姜を添えますが、心地よい辛味と香り、ひんやりした喉越しと共に生き返ります。もうひとつは名ずけて「王様のモロヘイヤスパイスカレー」。唐辛子、ニンニク、香りスパイスを40度から80度の間でゆっくり油で炒めて香りに華を咲かせます。スパイスは水溶性もありますが、脂溶性が多いので油と合わせると良いのです。後はチキン、水分、モロヘイヤを加え、好みの味に整えて煮込めば出来上がりです。