2020.8.19

オクラ・おくら・夏野菜

以前旅した与論島の農家のお母さんに、オクラは生で刻んで食すときいて、びっくりしました。よく見ると産毛が無くてツルリとしています。一般に関東に出回るオクラより沖縄、鹿児島にこの時期出回るおくらは、大きいのに柔らかいので生食にも向いているようです。丸型もあるし、5角形の5各種もあり、赤オクラも収穫できるそう。オクラは塩で少しもんで、熱茹でパンっと張るくらい(中の種がでないくらい)まで茹でると、強い粘りと甘みが引き出されて美味しい。塩茹でしただけのシンプル調理ですが、島の粗塩とおろした生姜や山葵(これは持参)で堪能、オクラばかり食べていました。オクラはカロテンやビタミン、食物繊維を多く含み、疲労回復効果が高い野菜なので、夏バテ予防にも良いですね。粘り気のある野菜は炭火やグリルで(茹でずに)香ばしく焼くのもお勧め。
そういえば、島根県の道の駅で買った黄色いオクラの花を酢の物にし、角寿司を作った事を想い出しました、花にも粘りがありますよ。