2020.7.07

七夕素麺・素麺・そうめん・甘酒・一夜酒

お素麺はもともと中国の索餅(さくべい・小麦粉などを練って縄状にした揚げ菓子)が由来「索餅を備えると流行り病にならないあ」という中国の故事から、無病息災を祈って七夕にいただく風習が広まりました。
暑い日や、蒸し蒸しする日には食欲も落ち込みますが、冷たい素麺はスルスルと喉を通りやすい。甘辛く煮付けたおあげ、蒸し鶏、さっとゆでた豚肉、野菜のお浸し、薄焼き卵等を細切りにしたものなどを彩りよくトッピングすると栄養バランスが良くなります。
梅干しを漬けた方はぜひつゆに梅酢を加えてみて下さい。クエン酸が疲労を回復し食欲増進効果を促します。
今年の井澤家の七夕そうめんは、野菜たっぷりの緑の麺つゆにしてみました。ベランダ菜園で育ったしそ、きゅうり、オクラ、梅酢、白醤油を混ミキサーで混ぜれば、酸味がある涼やかな大人向けのめんっゆに。最後にん梅肉をあしらいます。
一夜酒(ひとよざけ)と合わせて風情も愉しみます。一夜酒とは一晩で仕込めるからなのか、甘酒のことを示します。
薬味は薬の味と書きますね。みょうが、にんにく、しょうが、しそ、三つ葉、ごまなどそれぞれ薬効があるのでたっぷり添えると、免疫力を上げる手助けをしてくれます。