2020.1.27

熟成コンテが好きでいつも冷蔵庫に入っています。コンテチーズはフラン人に、とても人気のチーズで生産量はフランス1、AOPの20%以上をしめています。
スイスとの国境近く、アルプスにほど近いジュラ山脈一帯のフランシュ・コンテ地方は冬は寒さが厳しく、しいて言えば北海道のような環境です。熟成士によって丹精込めて作られており、添加物は一切使わず、水分を抜くハードタイプなので旨味が凝縮しています。45種あるフランス産AOP(原産地故障保護)チーズの1つです。
ワインを少しかじると、テロワール(土壌・その土地の気候)を勉強しますが、チーズもその土地土地が反映された美味しさを個々に醸し出します。牛が食べる草や干し草など、時期によっても風味や色が変わる、これはバターも同じですね。若いコンテは調理に向いていますが、私は結晶化したシャリシャリ感と芳醇で凝縮感した風味が好きなので、熟成期間が長いものを選んで果物などとそのまま楽しみます。合わせるワインは同郷のサバニャンで作られる黄ワイン「ヴァン・ジョーヌ」とのマリアージュを1度お試し頂きたいですが、ナッツやハニーの華やかな香りのワインや、樽が効いたシャルドネ、濃密な香りの貴腐ワインもいい、もちろんシャンパーニュもお勧めです。