2020.2.06

ブロッコリーは野生のキャベツを品種改良したもので、さらに改良されたものがカリフラワーです。胃腸を元気にする効能が期待でき、免疫力を高める野菜としてイタリアなどでも古くから栽培されてきました。カロテンやビタミンE.C、鉄分、繊維が豊富、茎も皮をむいて食べやすく切り、一緒に調理しましょう。ブロッコリーのビタミンCは水に溶けやすいので、損失を補う塩を加えて基本的には短時間の調理にします。蒸料理はおすすめです、しっとりと柔らかく美味しくいただけます。まずはそのままいただいて、残ったらスープやピュレなどにも。
ブロッコリーは疲れている時などにもお勧めの野菜、疲労回復を助けます。