2018.10.30

DSC08591 (1)

味噌の中でも特に赤味噌に多い「メラノイジン」は、糖分の吸収を抑えるので、食事後の急激な血糖値が上がりにくい。お味噌汁はもとより、酢味噌などにすると更に効果が上がりますね、糖尿病の方にもお勧めです。味噌の気になる塩分ですが、含まれる大豆ペプチドには血圧を下げて緩和する効果の方が大きいそう。じゃが芋、里芋、ほうれん草、春菊、大豆、納豆、ひじき、エリンギ、アボカトなどはカリウムを多く含み、体内の塩分を排出します。気になる方は、具材にされるとよいですね。赤味噌は約2年以上と熟成期間が長く、独特の香りと深い旨みが体にじんわり染み入ります。今の季節はゼラチン質が多いツルツルのナメコと合わせるのが私は最高だと思います。
愛知県の碧南は赤味噌作りで有名です、蔵巡りを楽しみました。写真は昔ながらの美味しい赤味噌を作る(南蔵)さん、いい乳酸菌の香りで充満しています。