2015.5.26

クロワッサン

クロワッサンはフランス語で三日月の意味、その形が名前の由来です。本場フランスでは三日月と菱形の2種類があり、パン屋さんで売られるバターで作られているものと、スーパーなどで売られるマーガリンのものに分かれています。外側はさっくりと焼けていて、中はふんわりと柔らかい生地、ほどくように千切るとなめらかなバターの香りが部屋いっぱいに広がります。ハラハラと落ちる外側の香ばしい部分をなるべく落とさないようにそうっと食べる。できれば発酵バターで贅沢に作られたクロワッサンがいい、たっぷりのカフェオレと共に幸せは目覚めて直ぐにもやってくる。