2019.11.25

IMG_8404

れんこんは胃腸を保護し、貧血予防や止血効果も期待できるパワーのある野菜。含まれるタンニンは咳止めにとても効果があります。咳がひどい時は、小鍋に水150Ccと葛小さじ1半を混ぜる。皮ごとすったれんこん大さじ1半を茶こしでこし入れ、火にかけて透明感が出るまで木べらでかき混ぜる。このれんこん葛湯は昔からの日本の民間療法、さらにはちみつを入れると飲みやすくなり、抗菌作用で効き目が上がります。
調理する時は、縦に切るのがお勧めだと蓮根博士に伺った事があり、我が家では実践しています。蓮根はビタミンCや食物繊維が多く、葉や花弁も薬用にされます。青葉を器にしいてお料理を盛ると清清しく、乾燥させた葉は食材やおこわを包むんで蒸し料理に使用して、香りよく仕上げるなど葉も多目的です。花も美しく薬効も高く、独特の食感が良い蓮根はステキですね、京都和久傳さんのフルフルの蓮根和菓子も素晴らしい。