2018.6.29

DSC09848

お天気がいいですね、日中は暑くなりそうです。晴れが続く情報があって梅干し日和、赤しそを入れた赤梅バージョンと白梅バージョンを20日間ほど寝かせてあります。
ザルいっぱいに広げて天日干しにする時は楽しい、日に数回返して皮をつまんで干し加減の頃合いを見ながら天候や梅の大きさによって2〜5日間干します。良く干したものを数量作り、私はほとんどを梅酢に戻して保存します。ふっくらとして香り良く料理に使いやすい、梅干しだけを加えたシンプルな茶碗蒸しは温かくても冷やしても美味しい。卵液に塩気が広がって、食べやすいクエン酸がゆっくりと疲れをほぐしていきます、病中病後にもおすすめですね。
日本のおかゆに梅干しが添えられているのは、味の為はだけでありません。梅干しを見ると唾液がでますね、消化を促進するからです。便秘や下痢などにもよい昔ながらの梅干しは薬です。