2019.1.17

太め、厚切り輪切り、皮だけを細切りにした大根を干して、切り干し大根を作っています。切り干し大根はギュッと甘みがあって、食感が美味しい、干すことで水分量が減り、旨味成分が凝縮しています。生の大根よりカルシュウム、鉄分、ビタミンB1、B2などの栄養価が倍増するなど利点も多く、たくさん食べれることで食物繊維も豊富に摂取できます。お正月の残ったスルメを細かく裂いて、切り干し大根と一緒に戻してコトコト煮ます。酢の物やサラダにするとダイエット効果も高まりますよ。ボールにたっぷりの水を張り、切り干し大根をほぐすようによく洗って、水気をしっかり絞る。密封容器に入れ、酢醤油にメイプル、ごま油少々を足して浸す(水に戻さないので、栄養価が逃げない)。旬のワカメやメカブ、さっと茹でた芹や三つ葉、じゃこなどを一緒にマリネして栄養価を上げてもいいですね、冷蔵庫で3、4日くらい保存可能。肝機能も上げる酢びたしなのでお酒のお供にも。切り干し大根の戻し汁は精進出しとして使用します