2018.1.21

FullSizeRender 18 のコピー 5

寒さ厳しい中、春の兆しも感じられる大寒。早咲きの梅は咲き誇り、フキノトウは出始めます。この季節は柑橘が様々出回っていますが、金柑属の個別分類になる(皮ごと食せる)金柑がとても美味しい。ヘタが緑で艶がよく、より赤みの強いものを購入してよく洗う。皮が美味しいのでかじって、中身をポンと口に入れてフレッシュを楽しむ。金柑は喉にもよいので、甘露煮にしたり、コンポートにして保存する。生のまま調理するのもオススメですよ、煮物や酢豚に入れると香りがあり甘みもあるので味に奥行きがでる、鶏肉や鴨肉などともよく合います。お菓子にもよいですね、タルトやソルベになどにすると爽やかですし、サラダに入れてもとても可愛い仕上がりに。金柑の皮に含まれるヘスペリジンやビタミンCは風邪予防、コレストロール値を下げる、香りには気の巡りをよくする効能があるのでストレス緩和など、健康効果も期待出来できます。