2017.11.24

securedownload-5

マガジンハウス(anan)アンアンでもご紹介いただいているクライマック酢(ドラフルーツ昆布酢)は、NHK60周年記念号「きょうの料理」11月号にも掲載。きょうの料理では約半年前には企画を練るので11月発売にむけて色々なバージョンのクラマック酢を仕込み、夏頃の撮影に使用しました。1週間くらいから美味しくなってきますが、酢の角が取れ、ナチュラルな甘みがでるのは1ヶ月以上たってから。実は本領を発揮するのは半年くらいたってからです、全体の調和がとれて熟成された美味しさに変わって、自分でもあぁ美味しいなと思います、出来上がるのも楽しみ。もともと壺酢が好きで、全国の産地に足を運び好きな酢を求めて取材してきました。それぞれの酢に沢山の昆布や、効能や風味が違う生薬やドライフルーツ組み合わせて楽しんでいます。私は朝大さじ1〜2くらいのクライマック酢をいただくとカラダがしゃっきりし、ムクムクと元気になります。オイルと混ぜるだけのドレッシングでサラダをいただくのもおすすめです。