2017.3.11

毎日フル回転の胃や肝臓を少し休ませてあげたいので、私は週末にお粥にすることが多いです。薬膳では手法があって例えば(後煎法)と言って、繊細な香りもののしそ、三つ葉、木の芽、パクチーなどや食間をふんわり残したい魚介などは後から加える。戻す必要のある乾物や根菜類、硬い肉類は下茹でしてから加えますがこちらは(薬米同煮法)と言います。今日は少し風邪気味なので針生姜をたっぷり加えた鶏肝粥。まさに以蔵保蔵ですね、身も心もゆっくり栄養を吸収し、体を温めます。