2020.8.30

DSC00006

サトイモ科の蒟蒻芋は中国から伝わりました。ゴツゴツした芋で、収穫されてからしばらく貯蔵されてから初めて調理工程に移ります。精進料理など日本でも古くから調理されており、僧侶の大切な栄養源でもありました。
お腹の掃除機と言われるほど腸整作用が高いこんにゃく。グルコマンナン(食物繊維)が豊富、コレストロールも下げるので生活習慣病予防に有効です。薬膳では利尿作用があるとされており、泌尿器科系の治療に使用されます。数年前に生芋(こんにゃく芋)からこんにゃくを作るお手伝いをさせて頂きました。こんにゃくが大好きで、今までいろいろなこんにゃくを沢山食べてきましたが、私の中のNo.1コンニャク名人は(農家のお母さん)の作るこんにゃくです。ご自分で作られた芋や、美味しい芋がとれる畑からとりよせ、芋によって微妙に配合を変える。いい芋の見分け方を教わりながら手作業します。
出来上がったこんにゃくは、うっすらとした桃色、もっちりとしているけれど歯切れがよい食感がやみつきになります。生姜醤油におろし生姜を添えてさっぱりといただきました、また直ぐ食べたいコンニャクです