2017.1.31

FullSizeRender のコピー

今年の恵方は北北西ですよ!今日は韓国風のり巻きの作り方をご紹介しますが、まず日本の海苔巻きと1番違う点は酢飯を使う日本の海苔巻きに対し、ごま油と塩で味付けされているご飯を使うこと(両者風味もありますが、防腐作用もありますね)。それから日本の海苔巻きは手前と奥向こうは2cmくらいを残して酢飯を広げるのに対し、キンパは隅々までごま油ご飯を広げます。ステキなキンパは、上質な絞りたてのごま油の香りを残すために、ご飯に混ぜたらすぐに巻いて口に入れる、ごま油の香ばしい香りがとても美味しく感じます。具材の味付けも、潰したにんにく(おろすと匂いが立ちすぎる)を加えた甘辛醤油のお肉に、たっぷりのにんじんやごぼう炒め、細切りきゅうり、たくあん、卵焼き、カニカマ、キムチなど、好みの具材を積み上げてクルクルとキュッとしめながら勢よく巻き込んでいきます。最後に表面にごま油をしっかりぬり、細めに切るのがキンパ風!ピカピカ肌の美しい韓国のお友達に習いました。