2016.12.22

煮干しやじゃこの出汁を使って作る油ぞうめん。奄美でとれるきびなごのいりこを使って、郷土料理の油ぞうめんうどんバージョンにトライ。フライパンにたっぷりのきびなごとひたひたくらいの水を加えて出汁をとる(昆布も入れました、梅干しを入れるといりこの独特の匂いが抑えられる)。酒、奄美の少しだけ甘いヤマア醤油、天然粗塩、油(油少々を加えるのがポイント)で味をつけ、フル(にんにくの香りのする葉)と、辛いけれど良い香りの島唐辛子を刻んで加える。西古見(旅先)のおかあさんにいただいたヒガシフーズの乾麺平うどんをさっと茹でて水気をきり、出汁に加えて煮含める。地元の人は入れないようだが、一緒にプリプリのもずくをたっぷり加えるとフワッとツルンとして美味しい。最後に高貴な香りの長命草で彩りと香りをほんのり散らして出来上がり。煮干しやじゃこは柔らかくなるので麺と一緒にいただけますよ、旨味もカルシュウムもたっぷり、簡単でとてもよい調理法だと思います。