2019.8.23

みずみずしいずっしりとした梨が出回っています。庭の果樹も梨、青りんご、酢橘、青いミカン、オリーブなどが実り、秋の気配です。梨は、のどの不快な症状を緩和する果物とされ、乾燥を防ぎ空咳を抑えます。出にくい痰をだし、炎症を抑える効能もあるそう。酒毒を解消するので呑んだ後にも良しとされています。腸整作用があります、カリウムも含むので、余分な塩分を排出する効果も。透き通った優しい甘みと水分がたっぷり、スポーツ後の水分補給や熱が出た時などにもお勧めです。なし、れんこん、だいこんなどはのどに効能があります。大根は角切りにして蜂蜜に漬ける、なしは肺をうるおす氷砂糖と煮るなどすると体を冷やし過ぎません、シナモンや八角、赤ワインを加えて美しいコンポートにしてもいいですね。なしを保存する時はヘタを下にし、新聞紙などで包んで冷蔵庫や冷暗所で保存すると傷みにくくなります。