2016.8.17

vol・6は甘口の江戸みそ。江戸みそは(どぜう鍋屋さん)など昔からある老舗店で出会えますよ。熟成期間が短く、塩分が少ない多糖少塩消化型なので、暑い夏は10日ほどしか日持ちがせず、麹を多く使用するので昔はとても贅沢品でした。なので、作られるのは江戸市中の味噌蔵に限られていたわけですが、そんなところも粋を喜ぶ江戸ッ子の気質に合ったのかもしれません。最盛期は江戸の6割を占めていたそうです。甘いけれどもすっきりしており、風味よい大豆のよい部分がひきだされいているみそ。サバ、サンマ、カマ付きの魚等をこってり煮たい時は、江戸みそが大活躍します。照もあってふっくら炊けますよ、濃厚ですが塩辛くないタレが素材にからまって、見るからに美味しそうな仕上がりに。江戸みそは東京の地域特産品に認定されています。