2016.8.12

vol・2の今日は豆みそのお話し。出張などで名古屋に行くと、コクのある重めの赤黒いみそでコシの強い煮込みうどん(山本煮込み)や、甘めの煮込み料理(土手煮込み)をいただきます。豆味噌は他の味噌と違い、煮込むほど美味しくなるのです。どっしりとしたこのみそは、蒸した大豆を味噌玉にして発酵熟成させたもので、水分が抜けて色が濃くなっています。愛知県、三重県、岐阜県の東海地方の三つの県で主に作られており、三河地方沿岸の吉良の塩と、矢作大豆が手に入りやすかったのと、気象条件の都合で独特の製造方法が生まれ豆味噌を作るようになりました。名物の味噌カツやこんにゃくおでんの甘だれは、三河味醂やザラメ・八丁味噌と調理されています。かすかな苦味と酸味が感じられるのも特徴、暑いこの季節にも美味しく感じられますね。皮膚の再生力も高い豆みそ、酢とメイプルシロップでなめらかに伸ばしてタレにし、茗荷や紫蘇、ごまなどの薬味と冷たいそうめんや中華麺といただくと元気を回復しますよ。