2016.8.02

日々積み重なる疲労に暑さが足され、体力がみるみる消耗して疲れやすくなります。そうすると内臓機能も低下して、慢性疲労を感じやすくなってしまいます。病院にいってもこれといって悪いところはないのですが、疲れると気落ちもしてしまう。中医学ではこれを気虚(ききょ)と言い、漢方薬や食で養生し、身体の機能を回復させます。食材の中で特に「気」を補う食材は牛肉。必須アミノ酸が豊富な牛肉は、良質なタンパク質やミネラルで身体の機能を改善させ、筋骨を丈夫にします。生薬の黄耆(おうぎ)に匹敵できるくらい効能が高いそう。ぜひ、ニンニク、ショウガ、山芋など元気になる効能が高い野菜と合わせて相乗効果を上げ、また明日頑張れる気力体力を復活させて下さい(調理するさいの油や脂は控えめにします)。