2018.7.15

DSC06457

糖度が9度以上あるんです。トマトの名前「アイコ」は、少し細長いプラム型をしたミニトマトで、北海道の畑に行くとよく見かけます。その中でも仁木町は一大生産地として知られており、小さいけれどそのパワーは高く、普通のトマトの約2倍ものリコピンを含み、ビタミン、ミネラルもとても豊富。肝機能を高め、赤い成分のリコピンは高い抗酸化作用があり、老化防止、抗がん作用があります。農園のトマトジュースを頂いてそのお味にビックリ!夏バテにもよさそう。トマトは他の野菜に比べて旨味も強い、とろみもあるこのジュースを半分凍らせて、おろし生姜やすりごま、自家製のめんつゆを混ぜ、おそうめんタレを作ったら美味しそう。「氷とまとそうめん」って、熱い時にはそそられます。