2017.3.16

当帰の名は小耳にはさんだことがあると思いますが、婦人科病に用いられることが多い生薬。月経不順や瘀血(おけつ・血のかたまり)、血行不良に使用し活血(かっけつ・血を巡らせる)でき、便秘の種類としては血虚便秘のタイプに特に効果がある。足腰の冷えが気になる、めまいや耳鳴り、肩こり、寒部や外傷の痛みにも効能があります。当帰は少しセロリや芹の風味がするのですが、私はよく料理に使用します、鶏のスープを作る時に当帰をポンと入れる、あるいはスペアリブの煮込み料理などに。黄耆を加えると更に効能が高まりますよ、当帰に黄耆を配合したものが当帰補血湯です。