2016.7.04

ごく身近な食材からでも、薬膳の効能を得ることが出来ます。今日は相須(そうす・同じ薬効をもつ食材の組み合わせで効果を上げる)の一皿で、茄子とズッキーニのあぶら味噌炒めをご紹介。茄子は輪切りにして軽く塩もみする(こうすると油を吸いすぎない)、ズッキーニも輪切りにする。フライパンを中火にかけ、ごま油を馴染ませたら豚こま肉を色が変わるまで炒め、切った野菜を加える。しんなりしたらきび砂糖、味噌、酒を混ぜて加え、全体にからまるまで炒め、刻んだ紫蘇やすりごまを加え風味をつける、日持ちもするので常備菜にも◎。普段からケミカルなもの、漂白されたものなどを避け(できるだけでよいので未精白のものがよい)、食物繊維が豊富な旬の野菜や果物、海藻、玄米、豆類など食すようにし、未病を防ぎます。