2020.6.18

DSC06003

与論島のさとうきび酢を初めて口にした時は、そのコクにハッとして今でも鮮明に覚えています。島には黒糖がどこにでも売っており、きび酢に溶かすと奥深いパンチのある甘酢がすぐに作れる環境です。朝市で初めて見た赤瓜(あかうり・モーウィ)は胡瓜の仲間だそうで、食べ方を農家のお母さんに教わりました。煮ても炒めてもいいが、生でもよいようなので皮をむいて薄切りにし、島の粗塩で軽くもんで即席の甘酢に漬けてみました。半日ほど冷蔵庫で冷やした赤うりの甘酢漬けは、パリパリとした食感が独特で美味しい、疲れがスーと抜けていく甘酢漬けです。
90歳を過ぎたおばぁが「島の人はきび酢でお刺身をたべる〜」と教えてくれました。酢は腐敗防止効果が高いので南島では当然かも知れません、暑さでバテそうな体にもクエン酸が良く効きます。
島と共に発展してきた発酵調味料のきび酢。のんびりした畑に壺酢が行儀よく並んでいます、冬にきび砂糖を収穫して仕込むそうです。