2020.6.23

お弁当・雨季のお弁当・べんとう

しとしと降る雨、私は嫌いではありません。むしろ心地よい雨音や若葉ががぬれた様子、満開の紫陽花など心和みます。でも、湿気が多いのは何かと難点が多いですね。お弁当なども傷みやすくなるので、煮物や茹で野菜などにはすりごま、おかか、のりなどを使って汁気を無くす。味つけを心持ち濃いめに、抗菌作用のあるレモンや酢、生姜を多用する。梅干しやワサビ、カラシ、唐辛子、マスタード、カレー粉、豆板醤、挽き胡椒、柚子胡椒、ガリなどフル活用する。しっかり冷ましたごはんには、ゆかりや塩昆布、梅干しなどを日の丸に置くのではなく、全体に散らすこと。前の日のお惣菜を詰める時は再加熱し、新たに調味料をからめるなどするといいですね。写真のお弁当は鮭南蛮酢、菊花酢物、味の濃い江戸風卵焼きがおかず、梅干しと昆布で炊き込んだ梅干しごはん弁当です。
身体にも湿(しつ)が貯まりやすい方は、重だるかったり、むくみ、頭痛が生じたり食欲がないなどの症状が現れる事も。
薬膳ではそんな時、利尿作用がある小豆、スイカ、メロン、きゅうり、とうもろこし、トマト等の夏野菜や、辛味香辛料の生姜やねぎ、よい香りで気が巡るハーブや柑橘類、シナモン、それからハトムギ茶や緑茶をいただくようにお勧めします。
余分な水分を体から排出するように心がけると、雨季を楽に過ごせる手助けになります。