2018.6.03

DSC05448

梅仕事の季節です。大きくなった実がポトンポトンと庭の地面に落ちる音が聞こえると、梅仕事はじめの合図、落ちた実は直ぐに洗って竹串でヘタをとり、水に3〜5時間浸してアクを抜き、水気をしっかりふく。消毒した瓶に入れ、梅が浮かないように氷砂糖500gを上から加え焼酎1、8ℓかブランデー1〜2本を注ぐ。時々ビンごとゆすって氷砂糖を溶かす、2〜3ヶ月くらいしたら香りよい梅酒ができます(1年置くと熟成され、さらにこなれた風味に)梅酒はとてもリラックスする香り、食前のアペリテェフやレモンを浮かべたソーダ割りなど。梅の実は酢豚など、甘みと酸味が必要なお料理に使うと絶妙な一皿に。