2018.6.07

いわしは脳を活性化させるDHAが豊富な上に、皮膚や粘膜を守るビタミン B2も多いので肌をうるおす効果があります。全体がピンと張ってツヤがあり、目が澄んでいるいわしを見かけたら、その日の内に調理する。火が通りやすくクセがないので何でもパッと作れます。小麦粉を全体にはたいてごま油でフライパン焼きにし、甘辛くめんつゆ味で蒲焼にする、甘酢に薄切り玉ねぎと漬けてマリネすれば血液サラサラ効果が倍増する。オイルがしたたるこんがりいわしをバケットに挟むポルトガル風は、焼き汁もぜひ。サーモンの付け合わせによく登場するディルは魚のハーブと呼ばれ、ちょうど今が旬。消化をよくし胃腸を整え、口臭予防にも役立つ古来から珍重されてきた薬草(ハーブ)です。