2018.5.06

ホルモンのバランスや精神的な緊張、不安などから多量に汗をかいてしまう事があります。総合的に言えるのは、脂肪分の高い動物性タンパク質の過剰摂取や発汗作用のある辛いもの、脂っこいものは極力控え、豆や乳酸菌をたっぷ摂取しましょう。納豆に発酵食の乳酸キャベツやキムチ、糠漬けなど植物性乳酸機を加えて美味しさと栄養価を上げたメニューなどおすすめです。ゴーヤやキュウリ、トマトなどを加えると体の余分な熱を排出するので楽になることもあります。お天気の良い日は、深呼吸を深くしながら軽くストレッチをすると気持ちいいですね。足の親指と薬指の間の下5㎝位をさすったり、ツボを押すようにするとストレスを緩和し、こちらも症状を和らげる効果が期待できます。