2017.3.10

体内に鉄分が不足すると、熱量が作れなくなり冷えの症状がでやすくなります。鉄分を摂取する時は、ビタミンCと一緒に食すと体に吸収されやすくなりますよ。お薬も大切ですが、普段から豆類、魚、レバー・赤肉、ほうれん草・ひじき・椎茸・卵などを食すよう心がけ、体が温まる食材とビタミンCが多い野菜と合わせて調理します。例えば「レバニラ」などはさっと作れて簡単ですが、レバーの鉄分、にんにくの温効果、ニラの豊富なβカロチンやビタミンCとシンプルですがバランスがとても良い一皿なのです。「魚のみぞれ和え」は、お魚の鉄分、大根おろしの酵素とビタミンC、酢と一味を加えまぜると代謝もアップさせます。