2019.4.29

アスパラには疲労回復効果を促す名前の由来の「アスパラギン酸」が豊富で、この成分はアミノ酸の一種です。ヨーロッパからロシアなど冷涼地で育ちやすく、日本では北海道が有名でしたが、近年では他方でも美味しいアスパラが育っています。野菜の中でも免疫力を高める効果が高く、特に穂先の方に含まれるルチンとビタミンCが血行を促し血流をよくします。太めのアスパラは下から5センチほど皮を剥きましょう、はかまも覗きます。細いものは根元の方でポキっと折れやすところがあり、そこから上が調理しやすいのである程度の目安にしてください。アスパラを程よく塩茹でしたら、昆布と挟んで数時間寝かせると、なんとも粋な昆布締めになります。