2016.3.23

DSC03960

乳酸キャベツ(シュークルート・ザワークラウト)は基本キャベツと塩で作られます。そこに好みのスパイスを加えて保存(スパイスは体に良い効能もありますし、殺菌効果もあります。お好みの調節で楽しんで下さい)。私は粗塩ときび砂糖で作る基本の乳酸キャベツに、胃薬でもある丁子(西洋ではクローブ、中医学では丁香)と黒胡椒を多めに入れた乳酸キャベツもよく作ります(余談ですが、丁子、シナモン、クコの実を紅茶と煮出すとほんのり甘くてよい香り、何とも安らぐブレンドです)。月並みですが保存食を作る時は、清潔な調理道具(まな板、包丁、箸、トング、袋など)と、消毒した保存容器やビンを使います。キャベツを入れて粗塩と砂糖を加え袋の上からよく揉んだ後、しんなりしたら空気をしっかり抜いて、重石をしっかりおくのもポイントです。3日〜6日くらいたち(発酵した泡は見えにくものですが)、酸味をおびた酸っぱい香りや味がしてきたら合図です。保存容器にうつし、冷蔵庫で保存して下さい。